きょうのしゅちょう
            文は田島薫

(メメント・モリ、について


メメント・モリは、ラテン語で「死を思え」って言葉らしく、自分もいつか必ず死

ぬんだ、ってことを忘れるな、って意味の警句のようだ。

そこから続く結論は、だから、いつ死んでも悔いのないように、生きてる間は自分

の心に忠実に日々を大事に楽しく過ごせ、ってことなのだ、多分。

女優の樹木希林さんが亡くなった、ってニュースが流れて、身近にいた人々には非

常に悲しいに違いないとしても、沢山の人々がその人柄や思い出についてコメント

し合ってて、それは希林さんがそれだけ愛されてた、ってことのわけで、亡くなっ

てからもわれわれ一般人にとっては、多くの記録された映像やら文章で話を聞きつ

き合って行くことができるんで、生きてる時と亡くなった後との差はそれほど感じ

ないかもしれない。で、そういったものに今後も触れ続けたい、って人々が感じる

ならやっぱり希林さんは充実した人生を送った、ってことになるはずだし、人々に

とっては依然として生き続けてると同じことなのだ。

希林さん当人も、このメメント・モリを実践してるかのように、全身がん、って診

断を受けた後も、人間にとっては生きることと同様に死ぬことも普通のことなんだ、

って淡々としながら、言いたいことを言い、やりたいことをやってたし。

多くの人々が、その姿に、なにかの生きる理想形を感じたようで、老人の在り方と

しては私にも、瀬戸内寂聴さんや横尾忠則さんなんかと同様にお手本なのだ。

100才以上で生きてる人も沢山いる中で75才、っていうのは早過ぎる、って言う見

方もできるんだけど、私が子供ん時に亡くなった祖母は65才ぐらいだったし、その

頃はそれが普通だったり、私が大好きなロックンローラたちが27才ぐらいで亡くな

ってても今だに才能や業績を取りざたされたり愛されてるわけで、人生の長短でそ

の価値が決まるわけでもないし、それぞれの人生の終わり方にはそれぞれの事情が

あり、それぞれが独自の価値を体現したんだ、って敬意を表したいもんだ。




ご感想は「しゅちょう感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


以前のしゅちょう

2000年/10/18の

2001年の

2002年の

2003年の

2004年の

2005年の

2006年の

2007年の

2008年の

2009年の

2010年の

2011年の

2012年の

2013年の

2014/1/6/戦国物語の悲劇性について
1/14/向上心について
1/20/アントニオ猪木はえらい
1/27/情報の選択力について
2/3/幸福論について
2/10/理念のある政治について
2/17/平和主義について
2/24/アスリートへの敬意について
3/3/国のため、って言葉について
3/10/佐村河内守の嘘について
3/17/集団行動の馬鹿化について
3/24/ロシアへの強硬策の問題点について
3/31/保身で固まる人々について
4/7/思い込みの人々について
4/14/自他の法話について
4/21/韓国客船沈没について
4/28/集団的自衛権について
5/6/集団的自衛権について 2
5/12/異民族とのつきあい方について
5/19/集団的自衛権について 3
5/26/現政権と国民の声について
6/2/だれかのためにやる力について
6/9/だれかのためにやる力について 2
6/16/ストレスとのつきあい方について
6/23/失言に見る政治家の本質について
6/30/世界常識の扱い方について
7/7/世界常識の扱い方について 2
7/14/テロとの戦い、ってことについて
7/22/国民の命を守る、ってことについて
7/28/国民の命を守る、ってことについて 2
8/4/国民の命を守る、ってことについて 3
8/11/朝日の誤認批判、について
8/18/自民党政治の終焉について
8/25/難病治療について
9/1/精神疾患について
9/8/米国の空爆政策について
9/16/米国の空爆政策について 2
9/22/米国の空爆政策について 3
9/29/個人の危機管理について
10/6/言葉の力について
10/14/安倍自民党による国際評価期待の読み違えについて
10/20/環世界について
10/27/加工食品と健康管理について
11/4/自民党政治の終焉について 2
11/10/生きる意味ついて
11/17/世界の不均衡について
11/25/世界の不均衡について 2
12/1/世界の不均衡について 3
12/8/自民党政治の終焉について 3
12/15/手ばなすことについて
12/22/安倍自民党の好景気妄想について
12/29/表現の自由の行き過ぎについて

2015/1/5/気分よく生きる方法について
1/13/表現の自由の行き過ぎについて 2
1/19/老人を元気にさせる方法
1/26/戦争をなくす方法について
2/2/戦争をなくす方法について 2
2/9/戦争をなくす方法について 3
2/16/戦争をなくす方法について 4
2/23/戦争をなくす方法について 5
3/2/戦争をなくす方法について 6
3/9/争をなくす方法について 7
3/16/戦争をなくす方法について 8
3/23/戦争をなくす方法について 9
3/30/戦争をなくす方法について 10
4/6/戦争をなくす方法について 11
4/13/戦争をなくす方法について 12
4/20/戦争をなくす方法について 13
4/27/戦争をなくす方法について 14
5/4/戦争をなくす方法について 15
5/11/戦争をなくす方法について 16
5/18/戦争をなくす方法について 17
5/25/戦争をなくす方法について 18
6/1/和を尊ぶ、ってことについて
6/8/淋しさを救う入口について
6/15/へ理屈集団による政治の危険について
6/22/認識の果てしない旅について
6/29/みんなと一緒の常識に安住する人々について
7/6/盲目的愛国心の危険性について
7/13/安倍首相の牧歌性について
7/21/安倍首相の牧歌性について 2
7/27/安倍首相の牧歌性について 3
8/3/コミュニケーションの幹について
8/10/中国の軍事費増大について
8/17/デザインの盗作について
8/24/人殺しについて
8/31/恐怖心の危険性について
9/7/野田聖子はえらい
9/14/本当の積極的平和主義について
9/21/自民党の歴史的失政について
9/28/健康の温故知新について
10/5/乱発空爆の無効性について
10/13/国民総活躍について
10/19/健康の温故知新について 2
10/26/短気と戦争の関係について
11/2/短気と戦争の関係について 2
11/9/時間を大切に使う、ってことについて
11/16/テロをなくすこと、について
11/24/日本人の衆愚性、について
11/30/軽率な差別発言について
12/7/テロをなくすこと、について 2
12/14/礼をつくす、ってことについて
12/21/SEALDsはえらい
12/28/生きがい、について

2016/1/4/今年の注意点、について
1/12/長嶋茂雄の天才について
1/18/危機管理の基本、について
1/25/自由の危機、について
2/1/預かりものとしての人生、について
2/8/北朝鮮の人工衛星打ち上げ実験、について
2/15/自由の危機、について 2
2/22/がんの治し方、について
2/29/自民党員の思考停止、について
3/7/退行的国防論、について
3/14/退行的国防論、について 2
3/22/趣味や旅行の楽しみ方、について
3/28/正論の危険性、について
4/4/清貧の政治思想、について
4/11/反対意見の生かし方、について
4/18/危機管理の基本、について 2
4/25/どん底からの脱出法、について
5/2/緊急事態法の危険、について
5/9/国の偉大さ、ってことについて
5/16/オバカとコリコウ、について
5/23/嫌われる勇気、について
5/30/英語使いの失敗、について
6/6/日本人ジャーナリストの拉致、について
6/13/批判と反批判、について
6/20/ストレス、について
6/27/個人主義と排他主義、について
7/4/自民党の危険性、について
7/11/自民党の危険性、について 2
7/19/安倍政権報道の危険性、について
8/1/鳥越さんバッシングと一般庶民の傲慢、について
8/8/常識論で嘲笑するタイプ、について
8/15/尖閣諸島の占有、について
8/22/核兵器の先制不使用、について
8/29/体調不良の治し方、について
9/5/目に見えない大切なもの、について
9/12/非行の減らし方、について
9/20/経済優先主義の傲慢、について
9/26/再び食養、について
10/3/安倍首相の演説、について
10/11/小池都知事はえらい
10/17/がんばらない方がいい、って場合について
10/24/自己中人間の非寛容、について
10/31/核兵器禁止条約、について
11/7/揚げ足取り議論、について
11/14/短絡政治と偽善政治、について
11/21/同一労働同一賃金への遠い道、について
11/28/簡単に自由を手に入れる方法、について
12/5/人生の短さ、について
12/12/人生の探し物、について
12/19/わが国の教育費の乱暴、について
12/26/マンウォッチングの楽しさ、について

2017/1/3/世界からの安倍政権への信頼度、について
1/10/正直の強さ、について
1/16/一期一会、について
1/23/トランプ大統領就任、について
1/30/正義の空回り、について
2/6/昼食時間の約束、について
2/13/親愛、について
2/20/金正男暗殺、について
2/27/健康の問題、について
3/6/あきらめない心、について
3/13/対北朝鮮外交、について
3/21/私の理想的な余生の過ごし方、について
3/27/そんたく、について
4/3/空(くう)、について
4/10/国家の主体性、について
4/17/あきらめない心について 2
4/24/安倍政権の対北朝鮮姿勢について
5/1/自民党議員の失言について
5/8/自民党のキャンペーンに騙される人々について
5/15/目前のことしか見ることのできない人々について
5/22/共謀罪法案強行採決について
5/29/自民党のキャンペーンに騙される人々について 2
6/5/自民党のキャンペーンに騙される人々について 3
6/12/最良のテロ対策について
6/19/暴走国会について
6/26/忖度社会について
7/3/不屈の心について
7/10/自民党の隠蔽体質について
7/18/正義の欺瞞性について
7/24/自民党政権の欺瞞性について
7/31/安倍首相の対北朝鮮政策について
8/7/老人力について
8/14/正論の誤りについて
8/21/無名の幸せについて
8/28/老人の養生について
9/4/北朝鮮の正当性と日米の不当性について
9/11/北朝鮮への制裁強化の問題点ついて
9/19/北朝鮮への制裁強化の問題点ついて 2
9/25/安倍首相の危険性ついて
10/2/安倍首相の危険性ついて 2
10/10/安倍首相の危険性ついて 3
10/16/安倍首相の危険性ついて 4
10/23/次にわれわれができることについて
10/30/建設的なコミュニケーションの方法について
11/6/意志表示の大切さについて
11/13/他人と競わないってこと、について
11/20/核抑止力の嘘、について
11/27/憲法より先にやるべき法整備、について
12/4/パワハラがダメなわけ、について
12/11/金銭の魔力、について
12/18/隠された善意、について
12/25/旅、について

2018/1/2/忍耐と寛容、について
1/9/言霊の力、について
1/15/間違ったプライド、について
1/22/間違ったプライド、について 2
1/29/間違った恐怖心、について
2/5/間違った恐怖心、について2
2/13/人と繋がること、について
2/19/人間の器、について
2/26/自分で考え表現する大切さ、について
3/5/芸術の本質、について
3/12/マインドフルネス、について
3/19/平常心を保つコツ、について
3/26/自民党政治の頑迷性、について
4/2/尊敬されない自民党政治、について
4/9/人と繋がること、について 2
4/16/日本人の「和」の問題点、について
4/23/米朝会談と日本の役割、について
5/1/恋愛感情と強制わいせつ、について
5/7/山口達也さんの誠意、について
5/14/医療費がタダの国、について
5/21/銃社会米国の病理、について
5/28/北朝鮮への非核化要求は正当か、ってことについて
6/4/退勢からの立て直し、ってことについて
6/11/サッカーWC・日本チーム、について
6/18/米朝会談、について
6/25/沖縄慰霊の日14才の直感、について
7/2/安倍政権支持者、について
7/9/天才の育て方、について
7/17/はじめてのおつかい、について
7/23/安藤忠雄のすごさ、について
7/30/ニール・ヤングのえらさ、について
8/6/芸人CとKのえらさ、について
8/13/安倍首相の原爆の日演説の詭弁、について
8/20/怒りやすい人々、について
8/27/日本人の誇りを口にする人々、について
9/3/好奇心の育て方、について
9/10/忖度の罪、について


目次

一葉もどき

思いつくまま、気の向くまま

映画だ〜い好き

サニーイズム

昨日の日記

ねこ絵ギャラリー

きょうのねこさん 

クボユーシロの

愛しき人よ

がたやま娘のひとりごと

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ホーム