きょうのしゅちょう
            文は田島薫

(安倍自民党政権の傲慢、について


長期政権になった安倍自民党は、現在のわが国の経済活動が東京オリンピックを前に

一応活況そうなんで経済界からの政策の支持も得てるような自信を感じてるのかもし

れないんだけど、赤字国債を乱発して、今後人口が減って行く現状の中どんどん造ら

れる巨大ビル工事などの容認や支援、核廃棄物の処理計画もないままの原発再稼動や

他国への原発売り込み、といった政策には今後の不安もあるのだ。

そういった問題を抱えた中、対外的には米国との軍事同盟強化に励んで、中国、韓国、

ロシアその他の国に対して、どうも上から目線の政策や発言が多いんじゃないのか。

他国との外交には強い態度も必要だ、ってことは私にもわかるんだけど、最低限、相

手国への礼儀を大切にすべきじゃないか、って感じるのだ。

そうは言っても、こちらが優しく出れば相手はどんどん押して勝手な主張をして来る

のだ、って多分反論が返って来ることはわかってるんだけど、だからこそ、双方が主

張のしっぱなし合戦で相手の主張は一切聞かない、ってことになればいつまで経って

も拉致が開かないばかりか、どちらかの勝手な感情が切れて危険な状況にもなりかね

ないのが、過去の歴史なのだし。

例えば、戦時の日本企業による韓国人に対する強制徴用に対して賠償を命じた韓国裁

判所の判決に対し、賠償は精一杯済ましたつもりだし日韓請求権協定に同意した韓国

にはもうそれへの請求権はないはず、って日本政府がそれを批判したことに対し、韓

国大統領が、日本はもっと謙虚な方がいい、といった発言をしたところ、さらに、日

本政府はそれに対して怒りを含んだニュアンスで批判した。

国際法に照らせば日本の言い分の方に理がありそうなんだけど、正しいか間違ってる

かの前に、その賠償が生じた原因は日本の加害による、ってことは忘れてはいけない

んであって、もう謝った、とか、弁償した、とか言って、最初からすべてなかったこ

とのように横柄な態度を取っていいわけはないのだ。

謝罪や賠償は、心からの相手への許しのお願いなんであって、いつまで経っても、そ

のことに対しては頭を下げ続ける心は必要なんであって、いつまで謝り続ければいい

のだ、とか、いいかげんそういうことを問題にすることはやめよう、って被害者側が

言うのであればいいのだけど、それがないずっと前に加害者側がそれを言うことは絶

対にあってはいけないのだ。

安倍自民党は、どこで道を誤ったのかそれのタブーを破ってしまってるのだから、い

くら首相が優しそうな表情でお世辞を言ったところで心は届かないばかりか、従軍慰

安婦像に対するコメントなどにも見える節目節目に漏らし続ける政権メンバーの本音

を聞いた相手からは、当然許しはもらえないだろう。

自民党一般が反自民党からの自虐的な歴史認識を批判するのはいいんだけど、自国に

都合のいい部分だけ取り出して傲慢になっちゃったら、いたずらに他国からの敵意を

誘うだけなのだから、もっと謙虚に、賠償の問題だったら、それについては国際ルー

ルでは済んでいる、ってことになるんで、ひとつよろしくお願いできないでしょうか、

ってぐらいの表現を日本政府は心掛けるべきだろう。




ご感想は「しゅちょう感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


以前のしゅちょう

2000年/10/18の

2001年の

2002年の

2003年のこれh

2004年の

2005年の

2006年の

2007年の

2008年の

2009年の

2010年の

2011年の

2012年の

2013年の

2014/1/6/戦国物語の悲劇性について
1/14/向上心について
1/20/アントニオ猪木はえらい
1/27/情報の選択力について
2/3/幸福論について
2/10/理念のある政治について
2/17/平和主義について
2/24/アスリートへの敬意について
3/3/国のため、って言葉について
3/10/佐村河内守の嘘について
3/17/集団行動の馬鹿化について
3/24/ロシアへの強硬策の問題点について
3/31/保身で固まる人々について
4/7/思い込みの人々について
4/14/自他の法話について
4/21/韓国客船沈没について
4/28/集団的自衛権について
5/6/集団的自衛権について 2
5/12/異民族とのつきあい方について
5/19/集団的自衛権について 3
5/26/現政権と国民の声について
6/2/だれかのためにやる力について
6/9/だれかのためにやる力について 2
6/16/ストレスとのつきあい方について
6/23/失言に見る政治家の本質について
6/30/世界常識の扱い方について
7/7/世界常識の扱い方について 2
7/14/テロとの戦い、ってことについて
7/22/国民の命を守る、ってことについて
7/28/国民の命を守る、ってことについて 2
8/4/国民の命を守る、ってことについて 3
8/11/朝日の誤認批判、について
8/18/自民党政治の終焉について
8/25/難病治療について
9/1/精神疾患について
9/8/米国の空爆政策について
9/16/米国の空爆政策について 2
9/22/米国の空爆政策について 3
9/29/個人の危機管理について
10/6/言葉の力について
10/14/安倍自民党による国際評価期待の読み違えについて
10/20/環世界について
10/27/加工食品と健康管理について
11/4/自民党政治の終焉について 2
11/10/生きる意味ついて
11/17/世界の不均衡について
11/25/世界の不均衡について 2
12/1/世界の不均衡について 3
12/8/自民党政治の終焉について 3
12/15/手ばなすことについて
12/22/安倍自民党の好景気妄想について
12/29/表現の自由の行き過ぎについて

2015/1/5/気分よく生きる方法について
1/13/表現の自由の行き過ぎについて 2
1/19/老人を元気にさせる方法
1/26/戦争をなくす方法について
2/2/戦争をなくす方法について 2
2/9/戦争をなくす方法について 3
2/16/戦争をなくす方法について 4
2/23/戦争をなくす方法について 5
3/2/戦争をなくす方法について 6
3/9/争をなくす方法について 7
3/16/戦争をなくす方法について 8
3/23/戦争をなくす方法について 9
3/30/戦争をなくす方法について 10
4/6/戦争をなくす方法について 11
4/13/戦争をなくす方法について 12
4/20/戦争をなくす方法について 13
4/27/戦争をなくす方法について 14
5/4/戦争をなくす方法について 15
5/11/戦争をなくす方法について 16
5/18/戦争をなくす方法について 17
5/25/戦争をなくす方法について 18
6/1/和を尊ぶ、ってことについて
6/8/淋しさを救う入口について
6/15/へ理屈集団による政治の危険について
6/22/認識の果てしない旅について
6/29/みんなと一緒の常識に安住する人々について
7/6/盲目的愛国心の危険性について
7/13/安倍首相の牧歌性について
7/21/安倍首相の牧歌性について 2
7/27/安倍首相の牧歌性について 3
8/3/コミュニケーションの幹について
8/10/中国の軍事費増大について
8/17/デザインの盗作について
8/24/人殺しについて
8/31/恐怖心の危険性について
9/7/野田聖子はえらい
9/14/本当の積極的平和主義について
9/21/自民党の歴史的失政について
9/28/健康の温故知新について
10/5/乱発空爆の無効性について
10/13/国民総活躍について
10/19/健康の温故知新について 2
10/26/短気と戦争の関係について
11/2/短気と戦争の関係について 2
11/9/時間を大切に使う、ってことについて
11/16/テロをなくすこと、について
11/24/日本人の衆愚性、について
11/30/軽率な差別発言について
12/7/テロをなくすこと、について 2
12/14/礼をつくす、ってことについて
12/21/SEALDsはえらい
12/28/生きがい、について

2016/1/4/今年の注意点、について
1/12/長嶋茂雄の天才について
1/18/危機管理の基本、について
1/25/自由の危機、について
2/1/預かりものとしての人生、について
2/8/北朝鮮の人工衛星打ち上げ実験、について
2/15/自由の危機、について 2
2/22/がんの治し方、について
2/29/自民党員の思考停止、について
3/7/退行的国防論、について
3/14/退行的国防論、について 2
3/22/趣味や旅行の楽しみ方、について
3/28/正論の危険性、について
4/4/清貧の政治思想、について
4/11/反対意見の生かし方、について
4/18/危機管理の基本、について 2
4/25/どん底からの脱出法、について
5/2/緊急事態法の危険、について
5/9/国の偉大さ、ってことについて
5/16/オバカとコリコウ、について
5/23/嫌われる勇気、について
5/30/英語使いの失敗、について
6/6/日本人ジャーナリストの拉致、について
6/13/批判と反批判、について
6/20/ストレス、について
6/27/個人主義と排他主義、について
7/4/自民党の危険性、について
7/11/自民党の危険性、について 2
7/19/安倍政権報道の危険性、について
8/1/鳥越さんバッシングと一般庶民の傲慢、について
8/8/常識論で嘲笑するタイプ、について
8/15/尖閣諸島の占有、について
8/22/核兵器の先制不使用、について
8/29/体調不良の治し方、について
9/5/目に見えない大切なもの、について
9/12/非行の減らし方、について
9/20/経済優先主義の傲慢、について
9/26/再び食養、について
10/3/安倍首相の演説、について
10/11/小池都知事はえらい
10/17/がんばらない方がいい、って場合について
10/24/自己中人間の非寛容、について
10/31/核兵器禁止条約、について
11/7/揚げ足取り議論、について
11/14/短絡政治と偽善政治、について
11/21/同一労働同一賃金への遠い道、について
11/28/簡単に自由を手に入れる方法、について
12/5/人生の短さ、について
12/12/人生の探し物、について
12/19/わが国の教育費の乱暴、について
12/26/マンウォッチングの楽しさ、について

2017/1/3/世界からの安倍政権への信頼度、について
1/10/正直の強さ、について
1/16/一期一会、について
1/23/トランプ大統領就任、について
1/30/正義の空回り、について
2/6/昼食時間の約束、について
2/13/親愛、について
2/20/金正男暗殺、について
2/27/健康の問題、について
3/6/あきらめない心、について
3/13/対北朝鮮外交、について
3/21/私の理想的な余生の過ごし方、について
3/27/そんたく、について
4/3/空(くう)、について
4/10/国家の主体性、について
4/17/あきらめない心について 2
4/24/安倍政権の対北朝鮮姿勢について
5/1/自民党議員の失言について
5/8/自民党のキャンペーンに騙される人々について
5/15/目前のことしか見ることのできない人々について
5/22/共謀罪法案強行採決について
5/29/自民党のキャンペーンに騙される人々について 2
6/5/自民党のキャンペーンに騙される人々について 3
6/12/最良のテロ対策について
6/19/暴走国会について
6/26/忖度社会について
7/3/不屈の心について
7/10/自民党の隠蔽体質について
7/18/正義の欺瞞性について
7/24/自民党政権の欺瞞性について
7/31/安倍首相の対北朝鮮政策について
8/7/老人力について
8/14/正論の誤りについて
8/21/無名の幸せについて
8/28/老人の養生について
9/4/北朝鮮の正当性と日米の不当性について
9/11/北朝鮮への制裁強化の問題点ついて
9/19/北朝鮮への制裁強化の問題点ついて 2
9/25/安倍首相の危険性ついて
10/2/安倍首相の危険性ついて 2
10/10/安倍首相の危険性ついて 3
10/16/安倍首相の危険性ついて 4
10/23/次にわれわれができることについて
10/30/建設的なコミュニケーションの方法について
11/6/意志表示の大切さについて
11/13/他人と競わないってこと、について
11/20/核抑止力の嘘、について
11/27/憲法より先にやるべき法整備、について
12/4/パワハラがダメなわけ、について
12/11/金銭の魔力、について
12/18/隠された善意、について
12/25/旅、について

2018/1/2/忍耐と寛容、について
1/9/言霊の力、について
1/15/間違ったプライド、について
1/22/間違ったプライド、について 2
1/29/間違った恐怖心、について
2/5/間違った恐怖心、について2
2/13/人と繋がること、について
2/19/人間の器、について
2/26/自分で考え表現する大切さ、について
3/5/芸術の本質、について
3/12/マインドフルネス、について
3/19/平常心を保つコツ、について
3/26/自民党政治の頑迷性、について
4/2/尊敬されない自民党政治、について
4/9/人と繋がること、について 2
4/16/日本人の「和」の問題点、について
4/23/米朝会談と日本の役割、について
5/1/恋愛感情と強制わいせつ、について
5/7/山口達也さんの誠意、について
5/14/医療費がタダの国、について
5/21/銃社会米国の病理、について
5/28/北朝鮮への非核化要求は正当か、ってことについて
6/4/退勢からの立て直し、ってことについて
6/11/サッカーWC・日本チーム、について
6/18/米朝会談、について
6/25/沖縄慰霊の日14才の直感、について
7/2/安倍政権支持者、について
7/9/天才の育て方、について
7/17/はじめてのおつかい、について
7/23/安藤忠雄のすごさ、について
7/30/ニール・ヤングのえらさ、について
8/6/芸人CとKのえらさ、について
8/13/安倍首相の原爆の日演説の詭弁、について
8/20/怒りやすい人々、について
8/27/日本人の誇りを口にする人々、について
9/3/好奇心の育て方、について
9/10/忖度の罪、について
9/18/メメント・モリ、について
9/25/他国人との会話、について
10/1/日本の食文化の豊かさ、について
10/9/価格破壊とサバイバル、について
10/15/敵視についての自戒、について
10/22/卑怯、について
10/26/本田宗一郎さんのえらさ、について
11/5/戦場ジャーナリストへの敬意、について
11/12/自分の失言への後悔、について
11/19/情報の海と沈思黙考、について
11/26/居心地のいい場所、について
12/3/ロックとは何か考えること、について
12/10/チェリノブイリからのメッセージ、について
12/17/嫌いなやつ、について
12/25/沢木耕太郎さんのアンテナ、について
12/31/国際捕鯨委員会(IWC)脱退、について

2019/1/7/カルロス・ゴーンさんの毛布、について


目次

一葉もどき

思いつくまま、気の向くまま

映画だ〜い好き

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん 

愛しき人よ

がたやま娘のひとりごと

クボユーシロの

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ねこ絵ギャラリー

ホーム