思いつくまま、気の向くまま
  文と写真は上一朝(しゃんかずとも)


シャンせんせいのガンリキエッセー。
シャンせんせい、過酷な旅から帰還のようです、エピソードその21。





モロッコへいってきた

バスの窓から「おどりに見惚れて」





シャワーをあびてゆったりする人、昼寝をする人と休憩時間が長かったせいか、遅れてくる人がいて今回

の旅行ではじめて5分遅れでバスは出発した。

20分ほど走って、安宿や地元の人しか利用しない店が並ぶ、うす暗い街にバスはとまった。ゴミがちら

かり店の軒先に人が寝転がっている暗い道に入っていくと50メートルほど先に煌煌と灯りが点いたとこ

ろがある。そこが今夜のレストランだ。古ぼけたビルの一階部分だけに凝った装飾をほどこした店はあた

りの景色から浮き上がっている。モザイクタイルで飾られた階段を上ると、民族衣装で着飾った美男美女

?が、手をふりながら身体がふれるほどにせまい通路に並んで出迎えてくれた。

出迎えでドギモをぬかれたが、床は絨毯が敷きつめられ、壁から天井までモザイクタイルで装飾された部

屋に入るともっとおどろいた。広い部屋の中央には楽師が陣取り民俗音楽を奏でている。それを取り囲む

ようにおよそ150席以上はあるとおもわれるテーブルがならんでいて豪華な雰囲気を醸しだしている。

イケメン揃いのウェイターにオバサン達がみとれているうちに食事も進み、デザートもおわるころ音楽の

テンポがかわってベリーダンスがはじまった。遠目には絶世の美女にみえたが、席のちかくで踊る姿をみ

るとたいそう肉付きのよい元お嬢さんだった。しかし、こちらではこの体形が美女の条件なのだ。ベリー

ダンスがおわるとローソクダンスがはじまった。ローソクダンスといっても怪しいものではない。火の点

いたローソクを数本立てた盆をあたまに載せて踊るのだが、いっさい手を添えずにしゃがんだり寝転がっ

たりする姿はダンスというよりアクロバットにちかい。

闇夜に浮かぶ不夜城のようなレストランで、食事と音楽とダンスを楽しんだあと、マラケシュいちばんの

名所、ジャマ・エル・フナ広場に向かって歩きはじめた。広場が近くなるとお祭りのような人出になった。

歩道にはテーブルがならべられ、食事をしている人も多い。そのすき間をぬって早足で歩くので昼間むり

をした足が動かなくなってきた。おおよその歩く時間も知らされずに人ごみの中をやみ雲に早足で歩かさ

れるので腹が立ってきてよけい足が動かない。休みながら歩くのでだんだん列から遅れはじめたら、Hさ

んが気づいてくれてなんどか足をとめてくれた。ようやく着いた広場は露店が並びその間では芸人が踊っ

ている。この人ごみのなかを歩くのはしんどいなと思っていたら、マイッタさんが近くのカフェに話しを

つけて「ここで座って待っていて」という。ほっとすると同時にこの旅いちばんの見どころを歩きまわれ

ないのかと思うとなさけなくなった。ところが脊柱管狭窄症というのは3,4分休むとすぐに歩けるよう

になる。ここで指をくわえて待っていることはない。さいわいイアホンガイドを持っているのでメンバー

の動きは手に取るようにわかる。近くに帰ってきたらカフェに戻ればよい、とまわりを見まわして歩ける

範囲のけんとうをつけて広場に出て行った。地面にマットをしいて物を売る人、蛇つかい、操り人形など

露店と大道芸人のあいだをぬって歩いていると派手な衣装で踊っているアフリカ人をみつけた。独特のリ

ズムではげしく踊る姿に見とれていると、踊りをやめたお兄さんがよってきてチップをよこせといってき

た。予想していたことなのですこしやりとりを楽しもうと「Old Coin」といって5円玉をさしだすとダメ

だというそぶりを見せたので、もったいぶって50円玉と1円玉をさし出したらえらい剣幕でわめきは

じめた。これはやりすぎだと思って相場よりすこし安い5ディルハムを渡すと急にご機嫌になって「写

真を撮れ」とカメラを指さしてまた踊りはじめた。じつをいうと、写真を撮るとかなりのチップを要求さ

れると聞いていたので胸元でシャッターを押したのだが、デジカメは距離を測るために赤外線ランプが点

く。それを目ざとく見つけられてしまったのだ。さすがになれたものだ。こつがわかったので芸人や商人

がこちらを見ていないところをねらって写真を撮っているうちに皆さんが帰ってきたのであわててカフェ

にもどり、すました顔をして座っていた。バスに向かって歩きはじめるまえにマイッタさんにたのんで近

くの店でタバコを買ってもらったが、現地の人が買っても値段はかわらなかった。ホテルにもどるバスの

中でテバちゃんに広場見物の様子を聞くと、ただゾロゾロと歩きまわっただけで店を楽しむ事もできなか

ったそうだ。留守番を言いつかったおかげで、短い時間であったがフナ広場の雰囲気にひとりでひたるこ

とができた。「厄転じて福となす」とはこのことか。





ご感想は題を「シャンせんせい感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


以前のシャンせんせい

2006年5/1〜11/13

2008年の

2009年の

2010年の

2011年の

2012年の

2013年の

2014/1/6/昇殿参拝
1/14/柄コンサート
1/20/大瀧詠一
1/27/薄味です
2/3/今年の恵方は「東北東」
2/10/オリンピックそして大雪
2/17/オリンピック、そしてまた大雪
2/24/オリンピック、そして寝不足
3/3/居るなら、そう言え
3/10/振り返れば、すべてよき時代
3/17ふたつの不祥事
3/24/また、ふえた
3/31/こんなときには…
4/7/消費税でも草津の湯でも
4/14/民主主義はつらいもの
4/21/すぎたるは…
4/28/さて、なんと言おう…
5/12/五円玉と一円玉
5/19/メダカの嫁入り:コメント1
5/26/ああ、こわかった
6/2/また、行っちゃった
6/9/とうとう、きたぞー
6/16/あなたは13点
6/23/休載の言い訳のような記事
6/30/戦いすんで飲み過ぎて
7/7/お医者様でもユンンケルでも
7/14/ついに解放された
7/22/夏祭りと夏休み
8/11/登校日
9/22/知足
9/29/「はんまいきりありますか」
10/14/娑婆では、いま
10/20/人材払底
10/27/徳の道はいずこに
11/4/ブックのフェスティバル
11/10/枯れすすき
11/17/電飾
11/25/おさめのとり
12/1/まってました、解散
12/8/時代を変えますか
12/15/時代は変わった:コメント1
12/22/クリスマスカロル
12/29/来年もこの人たちと

2015/1/5/正月元旦恒例神田明神初詣。
1/13/伊東さま、ゆかりさま
1/19/金持ちには…
1/26/おんなっていうやつは…
2/2/また、鎖国すっか
2/9/豆が当っても
2/16/上野ボンジョルノ・イタリア
2/23/ボンジョルノ・イタリア2 12時間の空の旅
3/2/ボンジョルノ・イタリア(3)ローマその1
3/9/ボンジョルノ・イタリア(4)ローマその2
3/16/ボンジョルノ・イタリア(5)ローマその3
3/23/ボンジョルノ・イタリア(6)ローマその4
3/30/ボンジョルノ・イタリア(7)フィレンツェその1
4/6/ボンジョルノ・イタリア(8)フィレンツェその2
4/13/ボンジョルノ・イタリア(9)ヴェネツィアその1
4/20/ボンジョルノ・イタリア(10)ヴェネツィアその2
4/27/ボンジョルノ・イタリア(11)ヴェネツィアそしてミラノ
5/11/やられた!
5/18/まつり
5/25/悠々自適
6/1/いいことあった
6/8/レンズがふえるといいことあった
6/15/またひとつ、東京が消える
6/22/歳の話しはむずかしい
6/29/なんだ、休講じゃなかったのか
7/6/なでしこに感謝
7/13/こまったな〜
7/21/今月が四月なら
7/27/宰相を誤ると
8/3/写してもいいですか?
8/10/車中寸景
8/17/おそまつな首相談話
8/24/うまい時間
8/31/真夏の夜の夢
9/7/ついでにやめちゃおう
9/14/悪しき習慣
9/22/民が主となるためには
9/28/松明花
10/5/むかし恋しい
10/13/不忠の臣
10/19/安倍首相の稚戯を嗤う
10/26/読書の秋
11/2/てきをしりおのれをしれば
11/9/わすれたものは…
11/16/かんがえてしまう…
11/24/わくわく
11/30/仕事をじゃまするもの
12/7/夢は叶ったらゆめじゃない
12/14/短文宣言
12/21/年末競争曲
12/28/黄色信号

2016/1/12/神様も賃上げ
1/18/すりかえたって…
1/25/雪
2/1/南京豆
2/8/いまのままでいいのかなぁ
2/15/タイムマシン
2/22/梅
2/29/水仙
3/7/いまなら まにあう
3/14/春だ、さくらだ、新年度
3/22/肉と格差
3/28/認知の桜
4/4/言葉につられて
4/11/また、桜
4/18/歩けないのもわるくない
4/25/BOOK-OFFは、わが図書館
5/9/意志の勝利
5/16/まさかまさかの礼服さわぎ
5/23/消えゆく言葉
5/30/首脳のスピーチ
6/13/非寛容
6/20/相続人
6/27/英国のEU離脱
7/4/ゼンゼン ダイジョウブ
7/11/きみたちの気持ちがわかる
7/19/一花開きて万魚滅す
7/25/百聞は…
8/1/知らぬが仏
8/8/右にいこうか 左にいこか
8/15/終戦
8/22/寄付
8/29/となりの囲いが…
9/5/いまよう久米仙人
9/12/識者:コメント1
9/20/とかくこの世は…
9/26/彼岸
10/3/神無月
10/11/記憶
10/17/100円ライター
10/24/骨董品
10/31/愁い
11/7/これじゃ手ぶらじゃけぇーられめぇ
11/14/からす瓜
11/21/げーじつ
11/28/初雪や…
12/5/予兆
12/12/同好の士
12/19/たら、れば
12/26/クリスマスキャロルコメント1

2017/1/16/病床六尺
1/23/春は勝手にやってくる
1/30/やがてかなしき…
2/6/感性の変化
2/13/歌劇・義太夫・浪花節
2/20/禁煙は、からだにわるい
2/27/また、また、やってしまった
3/6/催花雨
3/13/カラスにアップルパイ
3/21/花盗人
3/27/まちに待った323
4/3/機械は楽だよ
4/10/きょうもひぐらし
4/17/ちるさくら…
4/24/槍の子
5/1/七重八重
5/8/ふるさとを…
5/15/なんじゃもんじゃ
5/22/ちかごろ便利に…
5/29/さくら
6/5/国連さま
6/26/モロッコへいってきた
7/3/モロッコへいってきた シャウエン :コメント1
7/10/モロッコへいってきた ラマダン
7/18/モロッコへいってきた 前も下も気をつけて
7/24/モロッコへいってきた メクネスでポン引き
7/31/モロッコへいってきた BINBOW PRICE
8/7/モロッコへいってきた バスの窓から「砂漠の洗濯」
8/14/モロッコへいってきた バスの窓から「Plan Maroc Vert」
8/21/モロッコへいってきた バスの窓から「ガイドさん」
8/28/モロッコへいってきた バスの窓から「イフレン」
9/4/モロッコへいってきた バスの窓から「アトラス八里は…」
9/11/モロッコへいってきた バスの窓から「小銭はいらん!」
9/19/モロッコへいってきた バスの窓から「気分はパリダカ」
9/25/モロッコへいってきた バスの窓から「砂漠の宿」
10/2/モロッコへいってきた バスの窓から「砂漠の宿 2」
10/10/モロッコへいってきた バスの窓から「前の鞍には王子様」
10/16/モロッコへいってきた バスの窓から「砂漠からアンモナイトへ」
10/23/モロッコへいってきた バスの窓から「怪電話の謎は…」:コメント1
10/30/モロッコへいってきた バスの窓から「カスバ街道」:コメント1
11/6/モロッコへいってきた バスの窓から「砂漠の要塞村」


目次

一葉もどき

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

ねこ絵ギャラリー

クボユーシロの

愛しき人よ

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ホーム