●連載
虚言・実言         文は一葉もどき


横浜が縄張りの元タウン誌ライター。
貧しさにもめげず言の葉を探求し、人呼んで“濱の一葉”。
ウソ半分、ホント半分の身辺雑記を綴ります。
もどきさんある寺の布教方法に賛同できないようです。



お寺と教会


駅から降り立って驚いた。

普段閑散としている駅前に人が右往左往している。

近づいて人だかりをみると、大きな坊主頭をかぶり坊さんに化けたゆるキャラが愛

嬌を振りまいていた。傍らで二人の本物の坊さんがビラ配りをしているのだった。

ゆるキャラは町おこしや観光地のシンボルとして人気のアイテムだけれど、まさか

こんなちっぽけな駅前のお寺のために登場するとは・・・

私はハハーン、と思った。駅前のお寺がまた何かするのだな。

チラシをもらうと、案の定、寺の境内で催されるイベントの案内で、日曜日、境内

に屋台と無名歌手のコンサートで人寄せをして、申し訳のように説法があり、本命

の葬式相談があるというのだ。

思えば最近、この寺はすっかり様変わりをした。

以前は地元とあまりかかわりなく、葬式仏教の典型のように大小の葬儀場を持ち、

駅前という利便さをうけて、社葬、個人葬などにフル活用していた。

ところが、最近の葬式の多様化と小さな家族葬の普及で、この寺の葬儀はめっきり

減ったのだった。

そこで、この寺は起死回生にとイベント事業に力を入れ、お高くとまっていた仏教

を開かれた宗教として生き残りをかけるようになったのである。

地元の人にはその意図が見え見えである。

一方、この街には古いプロテスタントの教会もある。

教会の性質上日曜日にはミサがあり、平日も老若男女のための集会を催す。

さらに定期的に「ウエルカム・サンデイ」といって、地元の人に1日教会を開放し、

神父による説教と讃美歌の合唱、お昼には無料ランチが振る舞われる。またクリス

マスにはプロによるクラシックコンサートを開く。こうした地元密着の活動はずっ

と続いているのだ。

そこにはつけ刃ではない人々への無料奉仕・慈善を施すという理念がある。

いままで仏教の歩んできた道はあまりにも形式的であった。

仏教もキリスト教も最近の人々の宗教離れに危機感をもつのは同じだと思うのだが、

民衆の心に寄り添わない、形だけの布教活動では成功しない。

人々の気持ちはゆるキャラでは取り戻せないのである。



ご感想は題を「一葉もどき感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


バックナンバー

2005/11/14/〜12/26

2006年の

2007年の

2008年の

2009年の

3010年の

2011年の

2012年の

2013年の

2014/1/14/おせち料理
1/20/“もどき”で乗り切る
1/27/鍋料理:コメント1
2/3/メディアの影響は怖い
2/10/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)そろそろ潮時
2/17/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)帰ってはみたけれど…
2/24/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)気まずい電話
3/3/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)オー マイ ゴッド!
3/10/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)燗ビール
3/17/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)ウイクリーマンション
3/24/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)おもてなし
3/31/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)花枝さん登場
4/7/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)神様のお蔭
4/14/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)夢を持って再出発
4/21/文章を書く
4/28/お久しぶりスカート
5/12/つましい女
5/19/心をわしづかみにした劇団木冬社
5/26/優しい人
6/2/行列のできる八百屋
6/9/失敗は水に流して
6/16/Let it go
6/30/展覧会の客
7/22/夏女
7/28/渋谷駅界隈
8/4/背筋の伸びる話
8/11/夏野菜
8/18/本を回し読む
8/25/真夏の夜の話
9/1/通俗名曲
9/8/ジンジャーに魅入られる
9/16/病院にて
9/22/街角にて
9/29/触る
10/6/佐倉を訪ねて
10/14/私戦予備および陰謀罪
10/20/帳尻が合わない!!
11/10/ああ、疲れた・・・
11/17/病院にて
11/25/コンビニ
12/1/選挙の争点
12/8/おもてなし
12/15/投票散歩
12/22/大いに傷つこう

2015/1/13/冬の愉しみ
1/19/冬の愉しみ その2
1/26/お染かぜ
2/2/ヒガイさん
2/9/君よ知るや南の国
2/16/父の歌集
3/2/年賀状の整理
3/23/人の目
3/30/おかめ桜
4/6/今日何食べよう…
4/13/手紙
4/20/タモリとたけし
4/27/『サラバ!』を読んで
5/11/モチノキ
5/18/福袋
5/25/福毛
6/1/時を忘れる作業
6/8/ナルシスト
6/22/6月
6/29/林檎
7/6/大泣きの一日
7/13/演劇の愉しみ
7/21/都電あれこれ
7/27/バスの出来事
8/3/真夏の怪談話
8/17/スイカの匂い
8/24/絵画の価値
8/31/夏が逝く
9/7/川縁にて
9/14/花林糖(8月17日号“スイカの匂い”に続いて)
9/28/チョコレートパフェ
10/5/肉じゃがの味
10/13/二人の科学者
10/19/八つ当たりし放題
10/26/お祈りします
11/2/石蕗
11/30/(シリーズ あるがん患者のたわごと)生きる
12/7/(シリーズ あるがん患者のたわごと)死後の世界
12/14/(シリーズ あるがん患者のたわごと)待合室にて
12/21/(シリーズ あるがん患者のたわごと)新聞の時間

2016/1/12/(シリーズ あるがん患者のたわごと)人生
1/18/(シリーズ あるがん患者のたわごと)がんで良かった!
1/25/(シリーズ あるがん患者のたわごと)自分勝手にいきたい
2/1/火の鳥
2/8の/水仙
2/15/柚子
2/22/『静物』という名の題名
3/14/再びおかめ桜
3/22/(世間話シリーズ)ある八百屋の話
3/28/(世間話シリーズ)売れた!
4/4/(世間話シリーズ)あぶない、あぶない
4/11/(世間話シリーズ)あなたならどうする?
4/18/(世間話シリーズ)ある八百屋の話の後日談
4/25/(世間話シリーズ)ある八百屋の話の後日談 2
5/9/(世間話シリーズ)気遣い
5/16/(世間話シリーズ)顔の話
5/23/(世間話シリーズ)「つくし」と「うらら」
5/30/(世間話シリーズ)踏まれる人
6/6/(世間話シリーズ)高志 1
6/13/(世間話シリーズ)高志 2
6/20/(世間話シリーズ)誕生日ブルー
7/11/(世間話シリーズ)転落1
7/19/(世間話シリーズ)転落2
7/25/(世間話シリーズ)諦めが肝心
8/1/検診日
8/8/占い
8/15/型にはまる
8/22/栞は語る
8/29/時代は変わる
9/5/オリンピックが終わって
9/12/照れくさい
9/20/(シリーズ 街角感傷)代官山
9/26/(シリーズ 街角感傷)西巣鴨
10/3/(シリーズ 街角感傷)本郷
10/11/(シリーズ 街角感傷)渋谷
10/17/(シリーズ 街角感傷)浅草
10/24/(シリーズ 街角感傷)池袋
10/31/(シリーズ 街角感傷)銀座
11/7/(シリーズ 街角感傷)高田馬場
11/14/(シリーズ 街角感傷)横浜
11/21/(シリーズ 街角感傷)みなとみらい
11/28/菊日和
12/5/90才現役
12/12/90才現役 後日談
12/19/鍋日和=コメント1

2017/1/10/年賀状 
1/16/ママ友
1/23/初詣三昧
1/30の/楽観主義と悲観主義
2/6/記憶に生きる
2/13/歌は世につれ、歳は歌につれ
2/20/気配と予感
2/27/ある絵の講師の話
3/6/ある未亡人の話
3/13/ある同人誌の同人の話
3/21/モナ・リザの話
3/27/再び歯医者の話
4/3/おいしいもの食べよう!
4/10/チューリップとわたし
4/17/芽吹きの頃
4/24/(シリーズ 男模様女模様)潔癖症
5/1/(シリーズ 男模様女模様)潔癖症 2
5/8/(シリーズ 男模様女模様)女の愚痴
5/15/(シリーズ 男模様女模様)ある葬式
5/22/(シリーズ 男模様女模様)ある葬式 2
5/29/(シリーズ 男模様女模様)介護の現場
6/5/(シリーズ 男模様女模様)高い場所
6/12/(シリーズ 男模様女模様)男の指輪
6/26/展覧会の客 1
7/3/展覧会の客 その2
7/10/展覧会の客 その3
7/18/展覧会の客 その4
7/24/又吉直樹の本
7/31/夜の訪問者
8/7/水談義
8/21/サマーブルー
8/28/老いとの付き合い方
9/4/Shall we 俳句? その1
9/11/Shall we 俳句? その 2
9/19/Shall we 俳句? その3 感性の違い
9/25/Shall we 俳句? その4 本屋の悩み
10/2/Shall we 俳句? その5 遊びの俳句
10/10/老いては子に従え!?
10/16/シリーズ 肥満が不満 1
10/23/シリーズ 肥満が不満 2
10/30/シリーズ 肥満が不満 3
11/6/シリーズ 肥満が不満 4


目次

思いつくまま、気の向くまま

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

ねこ絵ギャラリー

クボユーシロの

愛しき人よ

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ホーム