●連載
虚言・実言         文は一葉もどき


横浜が縄張りの元タウン誌ライター。
貧しさにもめげず言の葉を探求し、人呼んで“濱の一葉”。
ウソ半分、ホント半分の身辺雑記を綴ります。
もどきさんたちの句会に新鮮な刺激をくれたようです。


ある句友


本屋の2階でしている句会に新しい人が入会した。

かなりのお歳で、娘さんとおぼしき人が送り迎えをしている。

“最勝寺示現流”というかなりいかめしい俳号を持っていて、かなりのベテランとお

見受けした。

俳号から察して、九州男児なんですね、と言ったら、嬉しそうに頷いて、示現流とい

う九州薩摩藩特有の剣術についてぽつぽつと話す。

ときどき、お年寄り特有の固有名詞がなかなか出ないのだが、ゆっくり、ゆっくりと

言葉を探す。

腰は曲がり行動も緩慢なのだが、こうした句会へ出るだけでもすごい。

長年親しんだ俳句に触れていたいという意欲が痛いほどよくわかる。

歳をとって好きなことがあるというのはすばらしいことなのだ。その事への情熱が行

動を起こし、生きる支えになるのだと教えられる。

“最勝寺示現流“さんの創る俳句は若々しく、語彙も豊富で、たとえば、


甲子園良夜訪れ万物音もなし


という句は、破調ながら野球終了後の夜の雰囲気が出ていると、皆から絶賛された。

だが、2時間の句会は疲れるらしく、そのうちときどき居眠りが入るようになった。

それも、なんだか大物に見えて微笑ましかったのだが、3ヶ月ほど経った後、その方

は突然やめてしまった。

やっぱり無理だったのか。

先生によると、その方は実は老人ホームで暮らしていて、送り迎えの女性はヘルパー

だったとか。

安全第一で過保護に管理される施設で、外出を許されるのはかなり特別だったのでは

ないか。

“最勝寺示現流”さんはかなり勇気のある行動をしていたのである。

「俳句をひねっていると老いの憂いを忘れ、世の中の喧噪を忘れます」

という言葉が忘れられない


(一葉もどきはこれより1月15日まで冬休みとします)




ご感想は題を「一葉もどき感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


バックナンバー

2005/11/14/〜12/26

2006年の

2007年の

2008年の

2009年の

3010年の

2011年の

2012年の

2013年の

2014/1/14/おせち料理
1/20/“もどき”で乗り切る
1/27/鍋料理:コメント1
2/3/メディアの影響は怖い
2/10/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)そろそろ潮時
2/17/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)帰ってはみたけれど…
2/24/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)気まずい電話
3/3/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)オー マイ ゴッド!
3/10/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)燗ビール
3/17/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)ウイクリーマンション
3/24/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)おもてなし
3/31/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)花枝さん登場
4/7/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)神様のお蔭
4/14/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)夢を持って再出発
4/21/文章を書く
4/28/お久しぶりスカート
5/12/つましい女
5/19/心をわしづかみにした劇団木冬社
5/26/優しい人
6/2/行列のできる八百屋
6/9/失敗は水に流して
6/16/Let it go
6/30/展覧会の客
7/22/夏女
7/28/渋谷駅界隈
8/4/背筋の伸びる話
8/11/夏野菜
8/18/本を回し読む
8/25/真夏の夜の話
9/1/通俗名曲
9/8/ジンジャーに魅入られる
9/16/病院にて
9/22/街角にて
9/29/触る
10/6/佐倉を訪ねて
10/14/私戦予備および陰謀罪
10/20/帳尻が合わない!!
11/10/ああ、疲れた・・・
11/17/病院にて
11/25/コンビニ
12/1/選挙の争点
12/8/おもてなし
12/15/投票散歩
12/22/大いに傷つこう

2015/1/13/冬の愉しみ
1/19/冬の愉しみ その2
1/26/お染かぜ
2/2/ヒガイさん
2/9/君よ知るや南の国
2/16/父の歌集
3/2/年賀状の整理
3/23/人の目
3/30/おかめ桜
4/6/今日何食べよう…
4/13/手紙
4/20/タモリとたけし
4/27/『サラバ!』を読んで
5/11/モチノキ
5/18/福袋
5/25/福毛
6/1/時を忘れる作業
6/8/ナルシスト
6/22/6月
6/29/林檎
7/6/大泣きの一日
7/13/演劇の愉しみ
7/21/都電あれこれ
7/27/バスの出来事
8/3/真夏の怪談話
8/17/スイカの匂い
8/24/絵画の価値
8/31/夏が逝く
9/7/川縁にて
9/14/花林糖(8月17日号“スイカの匂い”に続いて)
9/28/チョコレートパフェ
10/5/肉じゃがの味
10/13/二人の科学者
10/19/八つ当たりし放題
10/26/お祈りします
11/2/石蕗
11/30/(シリーズ あるがん患者のたわごと)生きる
12/7/(シリーズ あるがん患者のたわごと)死後の世界
12/14/(シリーズ あるがん患者のたわごと)待合室にて
12/21/(シリーズ あるがん患者のたわごと)新聞の時間

2016/1/12/(シリーズ あるがん患者のたわごと)人生
1/18/(シリーズ あるがん患者のたわごと)がんで良かった!
1/25/(シリーズ あるがん患者のたわごと)自分勝手にいきたい
2/1/火の鳥
2/8の/水仙
2/15/柚子
2/22/『静物』という名の題名
3/14/再びおかめ桜
3/22/(世間話シリーズ)ある八百屋の話
3/28/(世間話シリーズ)売れた!
4/4/(世間話シリーズ)あぶない、あぶない
4/11/(世間話シリーズ)あなたならどうする?
4/18/(世間話シリーズ)ある八百屋の話の後日談
4/25/(世間話シリーズ)ある八百屋の話の後日談 2
5/9/(世間話シリーズ)気遣い
5/16/(世間話シリーズ)顔の話
5/23/(世間話シリーズ)「つくし」と「うらら」
5/30/(世間話シリーズ)踏まれる人
6/6/(世間話シリーズ)高志 1
6/13/(世間話シリーズ)高志 2
6/20/(世間話シリーズ)誕生日ブルー
7/11/(世間話シリーズ)転落1
7/19/(世間話シリーズ)転落2
7/25/(世間話シリーズ)諦めが肝心
8/1/検診日
8/8/占い
8/15/型にはまる
8/22/栞は語る
8/29/時代は変わる
9/5/オリンピックが終わって
9/12/照れくさい
9/20/(シリーズ 街角感傷)代官山
9/26/(シリーズ 街角感傷)西巣鴨
10/3/(シリーズ 街角感傷)本郷
10/11/(シリーズ 街角感傷)渋谷
10/17/(シリーズ 街角感傷)浅草
10/24/(シリーズ 街角感傷)池袋
10/31/(シリーズ 街角感傷)銀座
11/7/(シリーズ 街角感傷)高田馬場
11/14/(シリーズ 街角感傷)横浜
11/21/(シリーズ 街角感傷)みなとみらい
11/28/菊日和
12/5/90才現役
12/12/90才現役 後日談
12/19/鍋日和=コメント1

2017/1/10/年賀状 
1/16/ママ友
1/23/初詣三昧
1/30の/楽観主義と悲観主義
2/6/記憶に生きる
2/13/歌は世につれ、歳は歌につれ
2/20/気配と予感
2/27/ある絵の講師の話
3/6/ある未亡人の話
3/13/ある同人誌の同人の話
3/21/モナ・リザの話
3/27/再び歯医者の話
4/3/おいしいもの食べよう!
4/10/チューリップとわたし
4/17/芽吹きの頃
4/24/(シリーズ 男模様女模様)潔癖症
5/1/(シリーズ 男模様女模様)潔癖症 2
5/8/(シリーズ 男模様女模様)女の愚痴
5/15/(シリーズ 男模様女模様)ある葬式
5/22/(シリーズ 男模様女模様)ある葬式 2
5/29/(シリーズ 男模様女模様)介護の現場
6/5/(シリーズ 男模様女模様)高い場所
6/12/(シリーズ 男模様女模様)男の指輪
6/26/展覧会の客 1
7/3/展覧会の客 その2
7/10/展覧会の客 その3
7/18/展覧会の客 その4
7/24/又吉直樹の本
7/31/夜の訪問者
8/7/水談義
8/21/サマーブルー
8/28/老いとの付き合い方
9/4/Shall we 俳句? その1
9/11/Shall we 俳句? その 2
9/19/Shall we 俳句? その3 感性の違い
9/25/Shall we 俳句? その4 本屋の悩み
10/2/Shall we 俳句? その5 遊びの俳句
10/10/老いては子に従え!?
10/16/シリーズ 肥満が不満 1
10/23/シリーズ 肥満が不満 2
10/30/シリーズ 肥満が不満 3
11/6/シリーズ 肥満が不満 4
11/13/お寺と教会
11/20/白い月
11/27/イアリングを失くす
12/4/今年も終わりなのだ!
12/11/中国製“多機能移動音響機器”を買う
12/25/七沢温泉に全員集合

2018/1/15/写真
1/22/万年青(おもと)
1/29/老後の生き方
2/5/アイドル犬・ゴン
2/13/向かいの家
2/19/羽生結弦選手
2/26/地下鉄
3/5/司馬遼太郎の小説
3/12/女子トーク
3/19/診察室にて
3/26/気になる人
4/2/目黒川のお花見
4/9/先生と寿司を食べたの話
4/16/ある日、聖書
4/23/老いても・・・
5/14/心象月模様
5/21/ドクダミの花
5/28/青春を返せ(F氏の戦争体験記)
6/4/恋バナ
6/18/キュウリ夫人
6/25/切り取る
8/6/人物画
8/13/台風と猛暑の展覧会
8/20/百日紅に思う
8/27/転ぶ
9/3/営業時間
9/10/友の入院
9/18/(シリーズ こんなもの買ったその1)充電式お風呂ポリッシャー
9/25(シリーズ こんなもの買ったその2)ワイドパンツ
10/1/(シリーズ こんなもの買ったその3)お持ち帰りインドカレー
10/9/(シリーズ こんなもの買ったその4)メガネクリーナー
10/15/(シリーズ こんなもの買ったその5)白の絵の具
10/22/(シリーズ こんなもの買ったその6)10円切手
10/29/(シリーズ こんなもの買ったその7)サンマ
11/5/(シリーズ こんなもの買ったその8)シュレッター
11/12/(シリーズ こんなもの買ったその9)ヘアカラー
11/19/(シリーズ こんなもの買ったその10)クリスマスカード
11/26/小菊咲く
12/3/ある写真展で


目次

思いつくまま、気の向くまま

映画だ〜い好き

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

ねこ絵ギャラリー

クボユーシロの

愛しき人よ

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ホーム