映画だ〜い好き        文は福原まゆみ


尾形映画プロデューサーの友人が仕切る映画制作会社で働く映画好き女史が
エッセーを連載してくれてます。
映画女史、友人のリストと感想がぴったりだったようです。




もっと評価してほしい映画の話


アメリカ人で映画監督をやっている友人が、Facebookに仕事とは関係ない映画の話を投

稿していた。たぶん気分転換(現実逃避?)したかったのだろう。評論家の採点は低いけど、

個人的に気に入っている作品を10本挙げてみようと言うものだった。


彼が選んだのは、トム・ハンクスとメグ・ライアン共演の『ジョー、満月の島へ行く』、

Mナイト・シャマラン監督の『サイン』、ブラッド・ピットの『ジェシー・ジェームズの

暗殺』、ライアン・ゴスリングの『ラースと、その彼女』、リュック・ベッソン監督の

『ジャンヌ・ダルク』等々。優れた映画のリストとは別物になると前置きしていたが、お

そらくそちらにはテレンス・マリックやクシュシュトフ・キェシロフスキー作品などが入

ってくるだろう。


彼とは映画の趣味が合い、このチョイスにはいちいち納得する。中でも『ラースとその彼

女』は、私も大好きな映画だ。人間関係をうまく持てず、結婚してもいい年齢なのに彼女

さえできないラース。なんと等身大のリアルドールを買って彼女に仕立て…と書くと、完

全に変態だと思われそう。ところがラースは、人形に品のある義姉から服を借りて着せ、

周囲に正式な彼女として紹介する。遂にラースが変人から狂人の域に突入した!と誰もが思

うが、心優しきコミュニティの人々は、あろうことか、人形をラースの彼女として認め、

コミュニティの一員として受け入れる。そうこうするうちに、人形の人気がラースより高

くなって…。

ロングショットで撮られた、ラースが人形依存から離れる儀式が素晴らしい。他愛無い映

像に込められた深い意味が伝わってくる。もう一度母の胎内から生まれ直したようであり、

洗礼を受けて、キリスト教的な意味合いで生まれかわったようでもあった。


私自身の10本をこれから選んでみるが、『ラースと、その彼女』は一番に入れておこう。


『ラースと、その彼女』
2007年/アメリカ/カラー/106分
監督/クレイグ・ガレスピー
撮影/アダム・キンメル
脚本/ナンシー・オリバー
出演/ライアン・ゴスリング、エイミー・モーティマー、パトリシア・クラークソンなど





ご感想は題を「映画だ〜い好き感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


バックナンバー

2018/4/2/映画三昧
4/9/一番好きな映画は?
4/16/ぜんぶ、フィデルのせい
4/23/ニクソン三部作―本当はもっとあるけど
5/1/モントリオールの想い出
5/7/サウンド・オブ・ミュージック
5/14/映画のタイトル
5/21/恩師の思い出
5/28/劇場の閉館
6/4/天才のウソとホンキ
6/11/リチャード・ファーンズワースの遺作:コメント1
6/19/マリー・アントワネット
6/26/深田監督のトークショー
7/4/夏の映画
7/10/映画の都パリ
7/17/モダンタイムス
7/24/チェコ大好き
7/31/人形劇と映画の『三銃士』
8/7/空想映画館
8/14/iPhone映画
8/21/映写技師
8/28/夏の映画 青春篇
11/5/お熱いのがお好き
11/12/映画もヘビロテ
11/19/ボヘミアン・ラプソディ
11/26/映画のタイトル
12/3/クリスマスの降誕劇
12/10/日藝映画祭
12/17/クリスマスの映画
12/25/クリスマスのSF?映画
12/31/今年の観納め

2019/1/7/初シネ
1/15/ファミリー・ツリー
1/22/モンスターズ・インク
1/29/何をやってもいつも○○
2/5/第91回米アカデミー賞

2/12/天才作家の妻 -40年目の真実-
2/18/ビッグアイズ
2/25/新しい映画祭
3/4/日本アカデミー賞
3/11/『サッドヒルを掘り返せ』を見る前に
3/19/イーストウッド10年振りの主演作
3/25/グリーンブック
4/1/さようならアニエス・ヴァルダ
4/15/あん
4/22/バリー・クック監督
4/29/バリー・クック監督が…
5/13/映画祭運営
5/21/西鶴一代女
5/27/『二宮金次郎』公開前トーク
6/3/『二宮金次郎』封切り
6/10/映画の雨
6/17/『少年時代』
6/24/インターナショナルであること
7/1/私的泣く映画
7/8/『新聞記者』
7/17/母校訪問
7/22/さらば愛しきアウトロー
7/29/未だ観ぬ映画
8/5/長いお別れ
8/20/映画でひんやり
8/26/映画祭とフィルムフェスティバル
9/2/ドン・キホーテを殺した男
9/9/高畑勲展
9/17/映画と音楽の夕べ
9/24/酒豆忌
9/30/隣人のゆくえ
11/5/大林宣彦監督
11/11/表現の自由
11/18/『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
11/25/映画で食べていくこと
12/3/12月に観る映画
112/9/まだ見ぬ『アイリッシュマン』
12/18/ドキュメンタリー『馬ありて』
12/23/活動弁士よ永遠なれ!
12/30/ノーマークだった『ラスト・クリスマス』

2020/1/6/お年玉
1/14/寅さん
1/21/第第43回日本アカデミー賞
1/28/イーストウッドに乾杯!
2/4/『キャッツ』の評価はなぜ低い?
2/10/韓国映画『パラサイト 半地下の家族』4冠!
2/18/『名もなき生涯』
2/25/『1917命をかけた伝令』
3/2/時代劇の脚本
3/9/第43回日本アカデミー賞
3/16/9回目の3.11に『Fukushima 50』




目次

一葉もどき

思いつくまま、気の向くまま

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

愛しき人よ

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

クボユーシロの

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ねこ絵ギャラリー

ホーム