映画だ〜い好き        文は福原まゆみ


尾形映画プロデューサーの友人が仕切る映画制作会社で働く映画好き女史が
エッセーを連載してくれてます。
映画女史、もはやふつうの人じゃなくなってます。




【職業病みたい】


たかだか20年ちょっとのキャリアではあるけれど、自分にも映画関係者ならではのク

セがあるのだなぁと気付く。中には職業病と言って良いものもある。それに気づいた

時は困るやら可笑しいやら…。


デジタル撮影が主流になって久しい今でも映画を表す時の記号として、よくフィルム

が使用される。使われているのがフィルムの写真なら実物を映しているのだから大丈

夫だけど、問題はイラストの場合だ。ついついパーフォレーションと呼ばれるフィル

ムを引っ掛けて送り出す穴の数を数えてしまうのだ。ひとコマに4つだと「よしよし

OK」と落ち着く。5つだとまるでボタンを掛け違えたように気持ち悪い。これは本当

に職業病だろう。


また、あるビジネス・セミナーに参加した時のこと。その日はうっかり名刺を忘れ、

受付で芳名帳に住所と名前を書くよう求められた。後ろに行列ができており、急がな

ければならない。勢いよくサササーッと書いたはいいが、私の住所は長いので、スペ

ースが足りなくなってしまった。その時だ。咄嗟に私の口から出た言葉が「しまった、

フレーミングを間違えた!」。周りの人には何のことやら全く分からず、私はすっかり

ヘンなおばちゃんに。恥ずかしくなって、ひとり心の中で「シネスコなら良かったの

に」とつぶやいた。


面白いのはミスタードーナツの前を通る時だ。決まって頭の中で再生されるのは「♪

ド〜はドーナツのド〜…」。言わずと知れた「サウンド・オブ・ミュージック」から

ドレミの歌だ。ミスタードーナツのテーマ曲など浮かんでこない。ミスター・ドーナ

ツさん、ごめんなさい。


雨が降れば「雨音はショパンの調べ」(古いか)ではなく「♪I’m singing in the rain

〜」。「雨に唄えば」でDancing in the rainしたくなる。

何か勝負に出る時は…多くの人がそうであろうが、「ロッキーV」からサバイバーの

「アイ・オブ・ザ・タイガー」が脳の中で自動再生。実は今、これを書きながら大音

響で鳴り響いている。

高い所からの着地は両足と片手の三点着地。スパイダーマンか! ここまでくると職業

病じゃなくて単なるビョ〜キだ。




ご感想は題を「映画だ〜い好き感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


バックナンバー

2018/4/2/映画三昧
4/9/一番好きな映画は?
4/16/ぜんぶ、フィデルのせい
4/23/ニクソン三部作―本当はもっとあるけど
5/1/モントリオールの想い出
5/7/サウンド・オブ・ミュージック
5/14/映画のタイトル
5/21/恩師の思い出
5/28/劇場の閉館
6/4/天才のウソとホンキ
6/11/リチャード・ファーンズワースの遺作:コメント1
6/19/マリー・アントワネット
6/26/深田監督のトークショー
7/4/夏の映画
7/10/映画の都パリ
7/17/モダンタイムス
7/24/チェコ大好き
7/31/人形劇と映画の『三銃士』
8/7/空想映画館
8/14/iPhone映画
8/21/映写技師
8/28/夏の映画 青春篇
11/5/お熱いのがお好き
11/12/映画もヘビロテ
11/19/ボヘミアン・ラプソディ
11/26/映画のタイトル
12/3/クリスマスの降誕劇
12/10/日藝映画祭
12/17/クリスマスの映画
12/25/クリスマスのSF?映画
12/31/今年の観納め

2019/1/7/初シネ
1/15/ファミリー・ツリー
1/22/モンスターズ・インク
1/29/何をやってもいつも○○
2/5/第91回米アカデミー賞

2/12/天才作家の妻 -40年目の真実-
2/18/ビッグアイズ
2/25/新しい映画祭
3/4/日本アカデミー賞
3/11/『サッドヒルを掘り返せ』を見る前に
3/19/イーストウッド10年振りの主演作
3/25/グリーンブック
4/1/さようならアニエス・ヴァルダ
4/15/あん
4/22/バリー・クック監督
4/29/バリー・クック監督が…
5/13/映画祭運営
5/21/西鶴一代女
5/27/『二宮金次郎』公開前トーク
6/3/『二宮金次郎』封切り
6/10/映画の雨
6/17/『少年時代』
6/24/インターナショナルであること
7/1/私的泣く映画
7/8/『新聞記者』
7/17/母校訪問
7/22/さらば愛しきアウトロー
7/29/未だ観ぬ映画
8/5/長いお別れ
8/20/映画でひんやり
8/26/映画祭とフィルムフェスティバル
9/2/ドン・キホーテを殺した男
9/9/高畑勲展
9/17/映画と音楽の夕べ
9/24/酒豆忌
9/30/隣人のゆくえ
11/5/大林宣彦監督
11/11/表現の自由
11/18/『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
11/25/映画で食べていくこと
12/3/12月に観る映画
112/9/まだ見ぬ『アイリッシュマン』
12/18/ドキュメンタリー『馬ありて』
12/23/活動弁士よ永遠なれ!
12/30/ノーマークだった『ラスト・クリスマス』

2020/1/6/お年玉
1/14/寅さん
1/21/第第43回日本アカデミー賞
1/28/イーストウッドに乾杯!
2/4/『キャッツ』の評価はなぜ低い?
2/10/韓国映画『パラサイト 半地下の家族』4冠!
2/18/『名もなき生涯』
2/25/『1917命をかけた伝令』
3/2/時代劇の脚本
3/9/第43回日本アカデミー賞
3/16/9回目の3.11に『Fukushima 50』
3/23/もっと評価してほしい映画の話
3/30/パンデミックと言えば
4/6/オードリー・ヘプバーンの『初恋』
4/13/歌う監督
4/21/四月の雨の日
4/28/劇場再開の願い
5/5/【迷子の警察音楽隊】
5/11/映画館で観たい
5/18/コメディ『生きるべきか死ぬべきか』
5/25/短編映画『Aida』世界を回る
6/8/『るろうに剣心』
6/15/【サファイア、オスカル、イェントル、アルバート】
6/22/『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
6/29/【生誕100年の二人】
7/7/【編集のマジック】
7/13/【ホワイト・バランスの思い出】
7/20/【パブリック】
7/27/【風と共に去りぬ】




目次

一葉もどき

思いつくまま、気の向くまま

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

愛しき人よ

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

クボユーシロの

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ねこ絵ギャラリー

ホーム