映画だ〜い好き        文は福原まゆみ


尾形映画プロデューサーの友人が仕切る映画制作会社で働く映画好き女史が
エッセーを連載してくれてます。
映画女史の友人たちの作品が結んだ大林監督との縁。




隣人のゆくえ


今年の東京国際映画祭では、JAPAN NOW部門で大林宣彦監督のプチ特集として、5本

の作品が上映される。


ショパンの「別れの曲」が忘れられない尾道三部作完結編の『さびしんぼう』(1985年)、

鷲尾いさ子初主演の『野ゆき山ゆき海辺ゆき』(1986年)、原作が山田太一、脚本が市川

森一の『異人たちとの夏』(1988年)、余命3ヶ月の宣告を受けた直後に撮影された『花

筐/HANAGATAMI』(2017年)。これらに加えて最新作の『海辺の映画館 キネマの玉手

箱』がワールド・プレミアとして上映される。未見のこの作品には、個人的に特別な思

いがあり、つい語りたくなってしまった。


私には山口県在住の映像作家の友人がいるのだけれど、彼が2016年に撮影を手伝った映

画『隣人のゆくえ』という、宝物にしたくなるような作品がある。その彼の友人である

サラリーマン監督が下関の梅光学園高校・中学の生徒たちと作った、ミュージカル/サス

ペンス/青春映画だ。驚くのは、映画など作ったこともない生徒たちが、出演、音楽、振

り付け、撮影、編集、美術、広報に至るまで、殆どすべてを担っていること。ゆえに素

人らしい粗さは残っているものの、それも含めた青春映画として十分成り立っている。

忘れられないのは、なんとも透明感漂う歌声と美しくも可愛くもあるバレエシーン。し

かしそれだけの青春映画ではない。ストーリーの流れは途中から暗闇の歴史が開示され、

心に刺さる構成となっている。本作を観た大林宣彦監督がいたく感動し、なんとなんと

!出演者の女の子を新作の主演に抜擢した。これは日本映画史上における、幸せなかわい

い大事件ではないだろうか。

私の友人はと言えば、撮影の指導に加わっていたようだ。エンドロールにしっかり名前

が出ていた。昔から応援している友人だけに、私も自分の事のように嬉しい。


『隣人のゆくえ』
監督/脚本:柴口勲
撮影/録音/音楽/振付/出演/美術/編集/広報… : 梅光学園中学・高校の生徒たち
撮影協力:高松博由樹
武男/宮本信子
2013年/カラー/137分




ご感想は題を「映画だ〜い好き感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


バックナンバー

2018/4/2/映画三昧
4/9/一番好きな映画は?
4/16/ぜんぶ、フィデルのせい
4/23/ニクソン三部作―本当はもっとあるけど
5/1/モントリオールの想い出
5/7/サウンド・オブ・ミュージック
5/14/映画のタイトル
5/21/恩師の思い出
5/28/劇場の閉館
6/4/天才のウソとホンキ
6/11/リチャード・ファーンズワースの遺作:コメント1
6/19/マリー・アントワネット
6/26/深田監督のトークショー
7/4/夏の映画
7/10/映画の都パリ
7/17/モダンタイムス
7/24/チェコ大好き
7/31/人形劇と映画の『三銃士』
8/7/空想映画館
8/14/iPhone映画
8/21/映写技師
8/28/夏の映画 青春篇
11/5/お熱いのがお好き
11/12/映画もヘビロテ
11/19/ボヘミアン・ラプソディ
11/26/映画のタイトル
12/3/クリスマスの降誕劇
12/10/日藝映画祭
12/17/クリスマスの映画
12/25/クリスマスのSF?映画
12/31/今年の観納め

2019/1/7/初シネ
1/15/ファミリー・ツリー
1/22/モンスターズ・インク
1/29/何をやってもいつも○○
2/5/第91回米アカデミー賞

2/12/天才作家の妻 -40年目の真実-
2/18/ビッグアイズ
2/25/新しい映画祭
3/4/日本アカデミー賞
3/11/『サッドヒルを掘り返せ』を見る前に
3/19/イーストウッド10年振りの主演作
3/25/グリーンブック
4/1/さようならアニエス・ヴァルダ
4/15/あん
4/22/バリー・クック監督
4/29/バリー・クック監督が…
5/13/映画祭運営
5/21/西鶴一代女
5/27/『二宮金次郎』公開前トーク
6/3/『二宮金次郎』封切り
6/10/映画の雨
6/17/『少年時代』
6/24/インターナショナルであること
7/1/私的泣く映画
7/8/『新聞記者』
7/17/母校訪問
7/22/さらば愛しきアウトロー
7/29/未だ観ぬ映画
8/5/長いお別れ
8/20/映画でひんやり
8/26/映画祭とフィルムフェスティバル
9/2/ドン・キホーテを殺した男
9/9/高畑勲展
9/17/映画と音楽の夕べ
9/24/酒豆忌



目次

一葉もどき

思いつくまま、気の向くまま

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

愛しき人よ

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

クボユーシロの

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ねこ絵ギャラリー

ホーム