映画だ〜い好き        文は福原まゆみ


尾形映画プロデューサーの友人が仕切る映画制作会社で働く映画好き女史が
エッセーを連載してくれてます。
映画女史から、変革予兆の米国映画賞への感想。




韓国映画『パラサイト 半地下の家族』4冠!


米国アカデミー賞の発表があり、韓国の『パラサイト 半地下の家族』が作品賞、監

督賞、脚本賞、外国語映画賞の4部門で最優秀賞を取った。


外国語映画賞があることからわかるように、本選は英語作品が対象となる。ところが

『パラサイト』は韓国人による韓国語の作品だから、本来は本選の条件に合わない。

にも拘わらずグランプリに当たる作品賞を取ったのだから世界中が大騒ぎするのも無

理はない。FBでもヨーロッパやアメリカの知り合いが騒ぐ騒ぐ。私はと言えば、「既

にこの間のカンヌでグランプリを取っているからなぁ…あの時は大喜びしていたし…」

と、少々冷めている。どちらかと言うと、ドメスティックな映画賞である米国アカデ

ミー賞より、国際的な映画祭であるカンヌの方が、レベルが高いような気がするのだ。

いっそこれを契機にアメリカ映画界も内向きな姿勢を切り替えて、英語圏以外の映画

にももっと目を向けると良いのに…。思えばアメリカにはフランスのカンヌ、イタリ

アのベニス、ドイツのベルリンに当たる国際映画祭が無い。だから国際映画製作者連

盟が認める国際映画祭で、北米最大のものと言えば、カナダのモントリオール(今はト

ロントかな?)になってしまうのだ。映画大国なのにもったいない気がする。


それにしても、監督のポン・ジュノも父親役のソン・ガンホもデカイ!! 国際舞台に

出ても見劣りしないなぁ。


作品賞の発表場面の映像を待つうちに、この一年で亡くなった映画人の紹介映像が流

されていた。私の目は寧ろこちらに釘付けになる。フランス・ヌーヴェルヴァーグの

祖母アニエス・ヴァルダ、『雨に唄えば』の監督スタンリー・ドーネン、『ロミオと

ジュリエット』で黒髪のオリヴィア・ハッセーをジュリエットに抜擢したフランコ・

ゼフィレッリ監督、日本人では京マチ子、ゴダールのミューズ・アンナ・カリーナ、

103才でこの間亡くなったカーク・ダグラス…。素晴らしい映画を作り私たちを楽し

ませてくれた人々だ。亡くなったことでスポットが当たるのは悲しいけれど、ちゃん

と追悼することはとても大切なことだ。R.I.P.


『パラサイト 半地下の家族』
監督/ポン・ジュノ
脚本/ポン・ジュノ、ハン・チンウォン
音楽/チン・ジェイル
出演/ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク
2019年/韓国/カラー/132分




ご感想は題を「映画だ〜い好き感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


バックナンバー

2018/4/2/映画三昧
4/9/一番好きな映画は?
4/16/ぜんぶ、フィデルのせい
4/23/ニクソン三部作―本当はもっとあるけど
5/1/モントリオールの想い出
5/7/サウンド・オブ・ミュージック
5/14/映画のタイトル
5/21/恩師の思い出
5/28/劇場の閉館
6/4/天才のウソとホンキ
6/11/リチャード・ファーンズワースの遺作:コメント1
6/19/マリー・アントワネット
6/26/深田監督のトークショー
7/4/夏の映画
7/10/映画の都パリ
7/17/モダンタイムス
7/24/チェコ大好き
7/31/人形劇と映画の『三銃士』
8/7/空想映画館
8/14/iPhone映画
8/21/映写技師
8/28/夏の映画 青春篇
11/5/お熱いのがお好き
11/12/映画もヘビロテ
11/19/ボヘミアン・ラプソディ
11/26/映画のタイトル
12/3/クリスマスの降誕劇
12/10/日藝映画祭
12/17/クリスマスの映画
12/25/クリスマスのSF?映画
12/31/今年の観納め

2019/1/7/初シネ
1/15/ファミリー・ツリー
1/22/モンスターズ・インク
1/29/何をやってもいつも○○
2/5/第91回米アカデミー賞

2/12/天才作家の妻 -40年目の真実-
2/18/ビッグアイズ
2/25/新しい映画祭
3/4/日本アカデミー賞
3/11/『サッドヒルを掘り返せ』を見る前に
3/19/イーストウッド10年振りの主演作
3/25/グリーンブック
4/1/さようならアニエス・ヴァルダ
4/15/あん
4/22/バリー・クック監督
4/29/バリー・クック監督が…
5/13/映画祭運営
5/21/西鶴一代女
5/27/『二宮金次郎』公開前トーク
6/3/『二宮金次郎』封切り
6/10/映画の雨
6/17/『少年時代』
6/24/インターナショナルであること
7/1/私的泣く映画
7/8/『新聞記者』
7/17/母校訪問
7/22/さらば愛しきアウトロー
7/29/未だ観ぬ映画
8/5/長いお別れ
8/20/映画でひんやり
8/26/映画祭とフィルムフェスティバル
9/2/ドン・キホーテを殺した男
9/9/高畑勲展
9/17/映画と音楽の夕べ
9/24/酒豆忌
9/30/隣人のゆくえ
11/5/大林宣彦監督
11/11/表現の自由
11/18/『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
11/25/映画で食べていくこと
12/3/12月に観る映画
112/9/まだ見ぬ『アイリッシュマン』
12/18/ドキュメンタリー『馬ありて』
12/23/活動弁士よ永遠なれ!
12/30/ノーマークだった『ラスト・クリスマス』

2020/1/6/お年玉
1/14/寅さん
1/21/第第43回日本アカデミー賞
1/28/イーストウッドに乾杯!
2/4/『キャッツ』の評価はなぜ低い?




目次

一葉もどき

思いつくまま、気の向くまま

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

愛しき人よ

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

クボユーシロの

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ねこ絵ギャラリー

ホーム