映画だ〜い好き        文は福原まゆみ


尾形映画プロデューサーの友人が仕切る映画制作会社で働く映画好き女史が
エッセーを連載してくれてます。
映画女史、注目してる若手監督の新作をチェックしたようです。




長いお別れ


中野量太監督の前作『湯を沸かすほどの熱い愛』が素晴らしかったため、次回作は

果たしてこれを超えられるのだろうかと気になっていた。

『長いお別れ』というタイトルから察するに、きっと年老いた親が死ぬのだろう。

急性の病ではなく慢性病もしくは老衰かなと思った。

わりと簡単に予測できる内容の映画をどんな風に感動させてくれるのか、期待と不

安が入り混じる中、劇場に足を運んだ。


内容は、認知症となった父親の面倒を、妻と娘二人で見ながら、7年かけてさよな

らした家族の物語。中野監督作品らしい心の琴線に触れる場面がいくつも用意され

ている。泣かせるシーンはあるが、ジメジメを避けて笑わせてくれたりする。重い

テーマを明るく描き、悪人は出てこない。尖った映画人からは、安易なヒューマニ

ズムとして酷評されかねないところだけど、脚本がしっかり練られていて、構成、

セリフ、が素晴らしく、小道具の使い方も面白かった。そして何より一人一人に感

情移入できたのは、やはりキャストに依るところが大きいだろう。私にとって山崎

努はクセが強く、個性派俳優として認識していたが、今回の流石の演技に認識を大

きく変えられた。少なくとも今まで観てきた中では、山崎努の最高の演技だったよ

うに思う。記憶が遠のく時としっかり思い出せる時、繊細な表情やしぐさでそれが

伝わってくる。彼が言う「かえりたい」には2つの意味が込められていただろう。

「家に帰りたい」と「あの頃に返りたい」。こんなところに作者の創造性が仕込ん

であり、それを掘り出す観客とのコミュニケーションが成り立つのだ。『湯を沸か

すほどの熱い愛』より一歩先に進んだようで嬉しくなった。


『長いお別れ』
監督/脚本:中野量太
原作 : 中島京子
音楽 : 渡邉崇
出演 :山崎努、松原智恵子、蒼井優、竹内結子
2019/カラー/127分





ご感想は題を「映画だ〜い好き感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


バックナンバー

2018/4/2/映画三昧
4/9/一番好きな映画は?
4/16/ぜんぶ、フィデルのせい
4/23/ニクソン三部作―本当はもっとあるけど
5/1/モントリオールの想い出
5/7/サウンド・オブ・ミュージック
5/14/映画のタイトル
5/21/恩師の思い出
5/28/劇場の閉館
6/4/天才のウソとホンキ
6/11/リチャード・ファーンズワースの遺作:コメント1
6/19/マリー・アントワネット
6/26/深田監督のトークショー
7/4/夏の映画
7/10/映画の都パリ
7/17/モダンタイムス
7/24/チェコ大好き
7/31/人形劇と映画の『三銃士』
8/7/空想映画館
8/14/iPhone映画
8/21/映写技師
8/28/夏の映画 青春篇
11/5/お熱いのがお好き
11/12/映画もヘビロテ
11/19/ボヘミアン・ラプソディ
11/26/映画のタイトル
12/3/クリスマスの降誕劇
12/10/日藝映画祭
12/17/クリスマスの映画
12/25/クリスマスのSF?映画
12/31/今年の観納め

2019/1/7/初シネ
1/15/ファミリー・ツリー
1/22/モンスターズ・インク
1/29/何をやってもいつも○○
2/5/第91回米アカデミー賞

2/12/天才作家の妻 -40年目の真実-
2/18/ビッグアイズ
2/25/新しい映画祭
3/4/日本アカデミー賞
3/11/『サッドヒルを掘り返せ』を見る前に
3/19/イーストウッド10年振りの主演作
3/25/グリーンブック
4/1/さようならアニエス・ヴァルダ
4/15/あん
4/22/バリー・クック監督
4/29/バリー・クック監督が…
5/13/映画祭運営
5/21/西鶴一代女
5/27/『二宮金次郎』公開前トーク
6/3/『二宮金次郎』封切り
6/10/映画の雨
6/17/『少年時代』
6/24/インターナショナルであること
7/1/私的泣く映画
7/8/『新聞記者』
7/17/母校訪問
7/22/さらば愛しきアウトロー
7/29/未だ観ぬ映画



目次

一葉もどき

思いつくまま、気の向くまま

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

愛しき人よ

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

クボユーシロの

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ねこ絵ギャラリー

ホーム