映画だ〜い好き        文は福原まゆみ


尾形映画プロデューサーの友人が仕切る映画制作会社で働く映画好き女史が
エッセーを連載してくれてます。
映画女史、監督とスタッフとキャストの仕事の見事さを感じたようです。




【すばらしき世界】


西川美和監督の撮影現場を覗いてみたい。スタッフやキャストとどんなふうに接し、どん

なふうに演出をしているのだろう。脚本を書く時は実家に籠ると聞いているが、母の友人

の姪子さんだと言うから、私の実家と近そうだ。その環境がどの様に影響しているのか、

もしくはしていないのか…。ぜひとも知りたいところだ。


人生の大半を刑務所で過ごした殺人犯・三上が、刑期を終えて社会復帰しようとする。そ

れに目を付けたテレビマン・津乃田が、三上とその母との再会をドキュメンタリー番組に

しようと密着取材する。善良さと子どもの様な単純さを合わせ持つ三上は、善が通らなけ

れば感情を剥き出しにして暴れてしまう。ままならない社会復帰にもがく三上に、周囲の

人間は時に突き放し、時に温かく見守ろうとするが…。


タイトルがストレートに世界を素晴らしいと宣言しているが、西川作品なら絶対に安易な

ヒューマニズムに陥る作品ではないだろうと思っていた。元ヤクザが出所したら…。時代

設定を原作から離れて現在とし、既に固定化された過去の出来事にしていないところが良

い。「反社」という単語が現代を切るナイフの様に活きてくる。しかしそれは両刃の剣だ。

一度殺人を犯したヤクザに、更生の現実的チャンスはあるのか。それを受け止める器とし

て、現代社会は十分に熟しているのだろうか…。どちらも成熟が必要であり、どちらも人

間である以上完璧にはなれない。行ったり来たり、揺れるのだ。そう感じ取りながら、ふ

と西川監督作品の『ゆれる』を思い出したりした…が、それはまた別の話。

元ヤクザが主人公であるのに所謂ヤクザ映画とは路線が違う。元ヤクザ自身が表社会で生

きるのか、裏社会に戻るのか、ポイントはそこにはない。寧ろそのやっかいな浦島太郎が

放り出された世界は一体どうなのか。そこに生きる人々の方に目を向けさせられるものだ

った。だから最後、三上を取り囲んでいた人々が、不自然に全員集合していたのではない

だろうか。カーテンと言う何気ない小道具で三上の運命を表現した監督が、取って付けた

様に全員を集めたのには、そんな意味があったように思えてならない。「で、この世界、

どう思う?」と問われている様で、私自身も揺れている。


役所広司は本当に振り幅の大きな役者だ。知ってはいたけど、一本の映画の中でこんなに

も自在にシリアスとコメディに振り切るとは。凄いな、役所広司!


『すばらしき世界』
2021年/ 126分/日本
監督 西川美和
脚本 西川美和
撮影 笠松則通
音楽 林正樹
出演 役所広司、仲野太賀、橋爪功、梶芽衣子、六角精児、北村有起哉、長澤まさみ





ご感想は題を「映画だ〜い好き感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


バックナンバー

2018/4/2/映画三昧
4/9/一番好きな映画は?
4/16/ぜんぶ、フィデルのせい
4/23/ニクソン三部作―本当はもっとあるけど
5/1/モントリオールの想い出
5/7/サウンド・オブ・ミュージック
5/14/映画のタイトル
5/21/恩師の思い出
5/28/劇場の閉館
6/4/天才のウソとホンキ
6/11/リチャード・ファーンズワースの遺作:コメント1
6/19/マリー・アントワネット
6/26/深田監督のトークショー
7/4/夏の映画
7/10/映画の都パリ
7/17/モダンタイムス
7/24/チェコ大好き
7/31/人形劇と映画の『三銃士』
8/7/空想映画館
8/14/iPhone映画
8/21/映写技師
8/28/夏の映画 青春篇
11/5/お熱いのがお好き
11/12/映画もヘビロテ
11/19/ボヘミアン・ラプソディ
11/26/映画のタイトル
12/3/クリスマスの降誕劇
12/10/日藝映画祭
12/17/クリスマスの映画
12/25/クリスマスのSF?映画
12/31/今年の観納め

2019/1/7/初シネ
1/15/ファミリー・ツリー
1/22/モンスターズ・インク
1/29/何をやってもいつも○○
2/5/第91回米アカデミー賞

2/12/天才作家の妻 -40年目の真実-
2/18/ビッグアイズ
2/25/新しい映画祭
3/4/日本アカデミー賞
3/11/『サッドヒルを掘り返せ』を見る前に
3/19/イーストウッド10年振りの主演作
3/25/グリーンブック
4/1/さようならアニエス・ヴァルダ
4/15/あん
4/22/バリー・クック監督
4/29/バリー・クック監督が…
5/13/映画祭運営
5/21/西鶴一代女
5/27/『二宮金次郎』公開前トーク
6/3/『二宮金次郎』封切り
6/10/映画の雨
6/17/『少年時代』
6/24/インターナショナルであること
7/1/私的泣く映画
7/8/『新聞記者』
7/17/母校訪問
7/22/さらば愛しきアウトロー
7/29/未だ観ぬ映画
8/5/長いお別れ
8/20/映画でひんやり
8/26/映画祭とフィルムフェスティバル
9/2/ドン・キホーテを殺した男
9/9/高畑勲展
9/17/映画と音楽の夕べ
9/24/酒豆忌
9/30/隣人のゆくえ
11/5/大林宣彦監督
11/11/表現の自由
11/18/『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
11/25/映画で食べていくこと
12/3/12月に観る映画
112/9/まだ見ぬ『アイリッシュマン』
12/18/ドキュメンタリー『馬ありて』
12/23/活動弁士よ永遠なれ!
12/30/ノーマークだった『ラスト・クリスマス』

2020/1/6/お年玉
1/14/寅さん
1/21/第第43回日本アカデミー賞
1/28/イーストウッドに乾杯!
2/4/『キャッツ』の評価はなぜ低い?
2/10/韓国映画『パラサイト 半地下の家族』4冠!
2/18/『名もなき生涯』
2/25/『1917命をかけた伝令』
3/2/時代劇の脚本
3/9/第43回日本アカデミー賞
3/16/9回目の3.11に『Fukushima 50』
3/23/もっと評価してほしい映画の話
3/30/パンデミックと言えば
4/6/オードリー・ヘプバーンの『初恋』
4/13/歌う監督
4/21/四月の雨の日
4/28/劇場再開の願い
5/5/【迷子の警察音楽隊】
5/11/映画館で観たい
5/18/コメディ『生きるべきか死ぬべきか』
5/25/短編映画『Aida』世界を回る
6/8/『るろうに剣心』
6/15/【サファイア、オスカル、イェントル、アルバート】
6/22/『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
6/29/【生誕100年の二人】
7/7/【編集のマジック】
7/13/【ホワイト・バランスの思い出】
7/20/【パブリック】
7/27/【風と共に去りぬ】
8/4/【職業病みたい】
8/11/【コロナ禍と映画祭】
8/17/【ナショナル・トレジャー】
8/24/【生涯現役プロデューサー】
8/31/映画音楽ドキュメンタリー『すばらしき映画音楽たち』
9/7/【これからの映画作り】
9/14/【これからの映画作り 2】
9/21/『ようこそ映画音響の世界へ』
10/5/【久しぶりに観客となる】
10/12/【ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン】
10/19/【カメラ選び】
10/26/【みをつくし料理帖】
11/3/第33回東京国際映画祭
11/9/【第33回東京国際映画祭 クロージング】
11/16/『鬼滅の刃 無限列車編』
11/24/Zoetrope ALL STORY
11/30/玄関ポーチ理論
12/7/ストローブ=ユイレの軌跡
12/14/実写版『ムーラン』
12/21/映画の街・調布
12/28/2020年の日本アカデミー賞

3021/1/4/【スタートは小津】
1/12/【ワンダーウーマン1984】
1/18/【ソウルフル・ワールド】
1/25/【名画座・早稲田松竹】
2/1/【映画とは】
2/8/【MINAMATA】
2/15/『花束みたいな恋をした』




目次

一葉もどき

思いつくまま、気の向くまま

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

愛しき人よ

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

クボユーシロの

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ねこ絵ギャラリー

ホーム