映画だ〜い好き        文は福原まゆみ


尾形映画プロデューサーの友人が仕切る映画制作会社で働く映画好き女史が
エッセーを連載してくれてます。
映画女史と仲間は、関わった映画祭について考えたようです。




インターナショナルであること


1年かけて準備した短編国際映画祭が5月に終了して、既に一か月以上が過ぎた。中心

的にあらゆる作業をこなしてくれたスタッフと会い、次回の映画祭について少し話す。

来年にやるかどうかは未決だけど、もしやるとしたら”インターナショナル”である事

に力を入れたいねと言うことで一致した。今回の参加者に感想を聞いたところ、一番の

評価点がそれだったからだ。


国内に国際映画祭は数あれど、多くは邦画と日本人の観客ばかりが集まってくるものだ。

家の近所の国際パチンコや国際卓球場みたいなものかもしれない。我が映画祭はセレク

ションの半数が海外作品だったし、観客も半分とはいかないまでも、とにかく外国人が

多かった。なぜか。それは何と言ってもコアスタッフが、私以外はみんな外国人もしく

は海外生活の長い日本人だったからだ。必然的に外国人の間で宣伝効果が上がった。お

かげでロビーも賑やかと言うか華やかだった……自画自賛ですみません(笑)。


そんな多くの外国人を含む観客が選んだ観客賞は邦画だった。確かに納得いく作品だっ

たのだけど、驚いたのはそれが断トツだったことだ。他にも面白い邦画があったのに。

外国人の仲間と話してわかったのは、当たり前のことだけどやはり言葉と文化の壁が影

響したとのこと。外国人には、他の作品に出てくる「なんでやねん」が引き起こす突っ

込みの可笑しさが通じない。おにぎりやみそ汁がソウルフードであることがピンとこな

い。他の作品は、わかる人にしかわからない、解説を必要とする類の作品だったという

事だ。

ところが受賞作品は極めてストレートにわかり易く、テーマも絶望と再生という普遍的

なものだった。”おにぎり”に相当するソウルアイテムとしてVHSテープが出てくるの

だけど、こちらはインターナショナルに通用する。もっとも世代的に通用しなくなって

きてはいるが…。おもしろいなぁ。





ご感想は題を「映画だ〜い好き感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


バックナンバー

2018/4/2/映画三昧
4/9/一番好きな映画は?
4/16/ぜんぶ、フィデルのせい
4/23/ニクソン三部作―本当はもっとあるけど
5/1/モントリオールの想い出
5/7/サウンド・オブ・ミュージック
5/14/映画のタイトル
5/21/恩師の思い出
5/28/劇場の閉館
6/4/天才のウソとホンキ
6/11/リチャード・ファーンズワースの遺作:コメント1
6/19/マリー・アントワネット
6/26/深田監督のトークショー
7/4/夏の映画
7/10/映画の都パリ
7/17/モダンタイムス
7/24/チェコ大好き
7/31/人形劇と映画の『三銃士』
8/7/空想映画館
8/14/iPhone映画
8/21/映写技師
8/28/夏の映画 青春篇
11/5/お熱いのがお好き
11/12/映画もヘビロテ
11/19/ボヘミアン・ラプソディ
11/26/映画のタイトル
12/3/クリスマスの降誕劇
12/10/日藝映画祭
12/17/クリスマスの映画
12/25/クリスマスのSF?映画
12/31/今年の観納め

2019/1/7/初シネ
1/15/ファミリー・ツリー
1/22/モンスターズ・インク
1/29/何をやってもいつも○○
2/5/第91回米アカデミー賞

2/12/天才作家の妻 -40年目の真実-
2/18/ビッグアイズ
2/25/新しい映画祭
3/4/日本アカデミー賞
3/11/『サッドヒルを掘り返せ』を見る前に
3/19/イーストウッド10年振りの主演作
3/25/グリーンブック
4/1/さようならアニエス・ヴァルダ
4/15/あん
4/22/バリー・クック監督
4/29/バリー・クック監督が…
5/13/映画祭運営
5/21/西鶴一代女
5/27/『二宮金次郎』公開前トーク
6/3/『二宮金次郎』封切り
6/10/映画の雨
6/17/『少年時代』



目次

一葉もどき

思いつくまま、気の向くまま

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

愛しき人よ

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

クボユーシロの

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ねこ絵ギャラリー

ホーム