映画だ〜い好き        文は福原まゆみ


尾形映画プロデューサーの友人が仕切る映画制作会社で働く映画好き女史が
エッセーを連載してくれてます。
映画女史、コロナ禍の中、水平思考で暗中模索のようです。




【これからの映画作り 2】


新型コロナによって映画制作の状況が変わり、企画書や脚本の一部を変更しなければな

らない。撮影時期が1年延びることは既に決まっていた。更に3密を避けるものにする

必要がある。これからコロナがいつどうなるかわからないから、第二波、第三波が来て

もいいように計画を立てておくべきだろう。口角泡を飛ばす議論ならぬ喧嘩シーンなん

て、そのままやったら大変なことになりかねないではないか。怖い怖い。


撮影場所も満員電車はNG。いたずらっ子たちが納屋に籠るなんて、危ないこと極まり

ない。別の設定にするか、クローズアップで撮るか、アニメなどの手法を取り入れるか

…。いろいろ手法はあるが、作り手の”都合”が透けて見えると、作品にとっては傷に

なるだろう。それぞれの手法が表現に活きてこないと高評価は得られない。甘く見ては

いけないのだ。

とは言え、映画作りにおいては、禁じ手を課すことで却って面白いものになるケースも

ある。前向きに前向きに、冷や汗をかきながら知恵を絞って楽しもう。


移動手段の問題が続く可能性もある。越境はなるべく避け、人材も含めロケ地で全て賄

えば、交通費、宿代の削減にも繋がり、必要な地元情報も得やすくなる。いいぞ! ポジ

ティブ、ポジティブ。


では上映は?劇場公開がどれたけできるだろうか。その頃までミニシアターがどれだけ

残っているだろう。キャパ半減が続いていたら、劇場の存続自体が相当厳しくなる。ホ

ール上映、自主上映会、そしてこれからは配信についても考えなければ…。有難いこと

に周囲に経験豊かな知恵者映画作家たちがいてくれる。遠慮なくご相談しながら、プロ

ジェクトを進めていこう。う〜ん、つまらない話ばかりになってしまったかな?できた

映画が面白ければ良しとしていただこう。




ご感想は題を「映画だ〜い好き感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


バックナンバー

2018/4/2/映画三昧
4/9/一番好きな映画は?
4/16/ぜんぶ、フィデルのせい
4/23/ニクソン三部作―本当はもっとあるけど
5/1/モントリオールの想い出
5/7/サウンド・オブ・ミュージック
5/14/映画のタイトル
5/21/恩師の思い出
5/28/劇場の閉館
6/4/天才のウソとホンキ
6/11/リチャード・ファーンズワースの遺作:コメント1
6/19/マリー・アントワネット
6/26/深田監督のトークショー
7/4/夏の映画
7/10/映画の都パリ
7/17/モダンタイムス
7/24/チェコ大好き
7/31/人形劇と映画の『三銃士』
8/7/空想映画館
8/14/iPhone映画
8/21/映写技師
8/28/夏の映画 青春篇
11/5/お熱いのがお好き
11/12/映画もヘビロテ
11/19/ボヘミアン・ラプソディ
11/26/映画のタイトル
12/3/クリスマスの降誕劇
12/10/日藝映画祭
12/17/クリスマスの映画
12/25/クリスマスのSF?映画
12/31/今年の観納め

2019/1/7/初シネ
1/15/ファミリー・ツリー
1/22/モンスターズ・インク
1/29/何をやってもいつも○○
2/5/第91回米アカデミー賞

2/12/天才作家の妻 -40年目の真実-
2/18/ビッグアイズ
2/25/新しい映画祭
3/4/日本アカデミー賞
3/11/『サッドヒルを掘り返せ』を見る前に
3/19/イーストウッド10年振りの主演作
3/25/グリーンブック
4/1/さようならアニエス・ヴァルダ
4/15/あん
4/22/バリー・クック監督
4/29/バリー・クック監督が…
5/13/映画祭運営
5/21/西鶴一代女
5/27/『二宮金次郎』公開前トーク
6/3/『二宮金次郎』封切り
6/10/映画の雨
6/17/『少年時代』
6/24/インターナショナルであること
7/1/私的泣く映画
7/8/『新聞記者』
7/17/母校訪問
7/22/さらば愛しきアウトロー
7/29/未だ観ぬ映画
8/5/長いお別れ
8/20/映画でひんやり
8/26/映画祭とフィルムフェスティバル
9/2/ドン・キホーテを殺した男
9/9/高畑勲展
9/17/映画と音楽の夕べ
9/24/酒豆忌
9/30/隣人のゆくえ
11/5/大林宣彦監督
11/11/表現の自由
11/18/『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
11/25/映画で食べていくこと
12/3/12月に観る映画
112/9/まだ見ぬ『アイリッシュマン』
12/18/ドキュメンタリー『馬ありて』
12/23/活動弁士よ永遠なれ!
12/30/ノーマークだった『ラスト・クリスマス』

2020/1/6/お年玉
1/14/寅さん
1/21/第第43回日本アカデミー賞
1/28/イーストウッドに乾杯!
2/4/『キャッツ』の評価はなぜ低い?
2/10/韓国映画『パラサイト 半地下の家族』4冠!
2/18/『名もなき生涯』
2/25/『1917命をかけた伝令』
3/2/時代劇の脚本
3/9/第43回日本アカデミー賞
3/16/9回目の3.11に『Fukushima 50』
3/23/もっと評価してほしい映画の話
3/30/パンデミックと言えば
4/6/オードリー・ヘプバーンの『初恋』
4/13/歌う監督
4/21/四月の雨の日
4/28/劇場再開の願い
5/5/【迷子の警察音楽隊】
5/11/映画館で観たい
5/18/コメディ『生きるべきか死ぬべきか』
5/25/短編映画『Aida』世界を回る
6/8/『るろうに剣心』
6/15/【サファイア、オスカル、イェントル、アルバート】
6/22/『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
6/29/【生誕100年の二人】
7/7/【編集のマジック】
7/13/【ホワイト・バランスの思い出】
7/20/【パブリック】
7/27/【風と共に去りぬ】
8/4/【職業病みたい】
8/11/【コロナ禍と映画祭】
8/17/【ナショナル・トレジャー】
8/24/【生涯現役プロデューサー】
8/31/映画音楽ドキュメンタリー『すばらしき映画音楽たち』
9/7/【これからの映画作り】




目次

一葉もどき

思いつくまま、気の向くまま

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

愛しき人よ

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

クボユーシロの

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ねこ絵ギャラリー

ホーム