●連載
虚言・実言         文は一葉もどき


横浜が縄張りの元タウン誌ライター。
貧しさにもめげず言の葉を探求し、人呼んで“濱の一葉”。
ウソ半分、ホント半分の身辺雑記を綴ります。
もどきさん、コロナウィルスの魂胆を想像したようです。



コロナ戦争勃発


コロナ発生から2年。

初めはインフルエンザのように暖かい夏がくれば消滅するとタカを括っていた。

だがとんでもない!人はまだ、以前の日常を取り戻すことはできないでいる。

そしてさらに今、変異ウイルスが猛威を振るい始めたではないか。

一体姿を変えて人間を食い物にするコロナウイルスってなにもの?

本来ウイルスとは生物とも非生物ともいえず、どこにでもいる自然の一部のは

ず。今までずっと人間と共存共栄してきた。

ところが、ウイルスなんてまったく意識しなかった生活が、コロナ流行で生活

は一変。不要不急の外出禁止、リモートワーク、会食自粛など、ひたすら“忍”

の一字。

この歳になって、こんな不自由な生活を強いられるとは思いもよらなかった。

もしかして、今、コロナウイルスは人間に反抗しているのかもしれない。

昔、『理由なき反抗』という映画があったが、コロナの反抗にはきっと理由が

あるのだ。

コロナウイルスは、人間のとどまることのない自然破壊、おごり高ぶる科学へ

の過信、地球バランスを崩す行為、各国間の対立など、人間の身勝手さが目に

余ると思ったのではないだろうか。

人間は感染対策と経済対策を両立させるため「命と経済の選択」をはかりにか

け、これも自業自得となった。

さらに、人間はワクチンを作って抵抗しているけど、ウイルスにとって、そん

なの痛くもかゆくもない。次々と構造を変えて新しい環境に適合して生き延び

ればいいのだから。

私思うに、きっとコロナウイルスは人間よりも高い知性を持っているのかもし

れない。




ご感想は題を「一葉もどき感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


バックナンバー

2005/11/14/〜12/26

2006年の

2007年の

2008年の

2009年の

3010年の

2011年の

2012年の

2013年の

2014/1/14/おせち料理
1/20/“もどき”で乗り切る
1/27/鍋料理:コメント1
2/3/メディアの影響は怖い
2/10/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)そろそろ潮時
2/17/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)帰ってはみたけれど…
2/24/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)気まずい電話
3/3/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)オー マイ ゴッド!
3/10/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)燗ビール
3/17/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)ウイクリーマンション
3/24/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)おもてなし
3/31/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)花枝さん登場
4/7/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)神様のお蔭
4/14/(ニューヨーク帰りの松子さんシリーズ)夢を持って再出発
4/21/文章を書く
4/28/お久しぶりスカート
5/12/つましい女
5/19/心をわしづかみにした劇団木冬社
5/26/優しい人
6/2/行列のできる八百屋
6/9/失敗は水に流して
6/16/Let it go
6/30/展覧会の客
7/22/夏女
7/28/渋谷駅界隈
8/4/背筋の伸びる話
8/11/夏野菜
8/18/本を回し読む
8/25/真夏の夜の話
9/1/通俗名曲
9/8/ジンジャーに魅入られる
9/16/病院にて
9/22/街角にて
9/29/触る
10/6/佐倉を訪ねて
10/14/私戦予備および陰謀罪
10/20/帳尻が合わない!!
11/10/ああ、疲れた・・・
11/17/病院にて
11/25/コンビニ
12/1/選挙の争点
12/8/おもてなし
12/15/投票散歩
12/22/大いに傷つこう

2015/1/13/冬の愉しみ
1/19/冬の愉しみ その2
1/26/お染かぜ
2/2/ヒガイさん
2/9/君よ知るや南の国
2/16/父の歌集
3/2/年賀状の整理
3/23/人の目
3/30/おかめ桜
4/6/今日何食べよう…
4/13/手紙
4/20/タモリとたけし
4/27/『サラバ!』を読んで
5/11/モチノキ
5/18/福袋
5/25/福毛
6/1/時を忘れる作業
6/8/ナルシスト
6/22/6月
6/29/林檎
7/6/大泣きの一日
7/13/演劇の愉しみ
7/21/都電あれこれ
7/27/バスの出来事
8/3/真夏の怪談話
8/17/スイカの匂い
8/24/絵画の価値
8/31/夏が逝く
9/7/川縁にて
9/14/花林糖(8月17日号“スイカの匂い”に続いて)
9/28/チョコレートパフェ
10/5/肉じゃがの味
10/13/二人の科学者
10/19/八つ当たりし放題
10/26/お祈りします
11/2/石蕗
11/30/(シリーズ あるがん患者のたわごと)生きる
12/7/(シリーズ あるがん患者のたわごと)死後の世界
12/14/(シリーズ あるがん患者のたわごと)待合室にて
12/21/(シリーズ あるがん患者のたわごと)新聞の時間

2016/1/12/(シリーズ あるがん患者のたわごと)人生
1/18/(シリーズ あるがん患者のたわごと)がんで良かった!
1/25/(シリーズ あるがん患者のたわごと)自分勝手にいきたい
2/1/火の鳥
2/8の/水仙
2/15/柚子
2/22/『静物』という名の題名
3/14/再びおかめ桜
3/22/(世間話シリーズ)ある八百屋の話
3/28/(世間話シリーズ)売れた!
4/4/(世間話シリーズ)あぶない、あぶない
4/11/(世間話シリーズ)あなたならどうする?
4/18/(世間話シリーズ)ある八百屋の話の後日談
4/25/(世間話シリーズ)ある八百屋の話の後日談 2
5/9/(世間話シリーズ)気遣い
5/16/(世間話シリーズ)顔の話
5/23/(世間話シリーズ)「つくし」と「うらら」
5/30/(世間話シリーズ)踏まれる人
6/6/(世間話シリーズ)高志 1
6/13/(世間話シリーズ)高志 2
6/20/(世間話シリーズ)誕生日ブルー
7/11/(世間話シリーズ)転落1
7/19/(世間話シリーズ)転落2
7/25/(世間話シリーズ)諦めが肝心
8/1/検診日
8/8/占い
8/15/型にはまる
8/22/栞は語る
8/29/時代は変わる
9/5/オリンピックが終わって
9/12/照れくさい
9/20/(シリーズ 街角感傷)代官山
9/26/(シリーズ 街角感傷)西巣鴨
10/3/(シリーズ 街角感傷)本郷
10/11/(シリーズ 街角感傷)渋谷
10/17/(シリーズ 街角感傷)浅草
10/24/(シリーズ 街角感傷)池袋
10/31/(シリーズ 街角感傷)銀座
11/7/(シリーズ 街角感傷)高田馬場
11/14/(シリーズ 街角感傷)横浜
11/21/(シリーズ 街角感傷)みなとみらい
11/28/菊日和
12/5/90才現役
12/12/90才現役 後日談
12/19/鍋日和=コメント1

2017/1/10/年賀状 
1/16/ママ友
1/23/初詣三昧
1/30の/楽観主義と悲観主義
2/6/記憶に生きる
2/13/歌は世につれ、歳は歌につれ
2/20/気配と予感
2/27/ある絵の講師の話
3/6/ある未亡人の話
3/13/ある同人誌の同人の話
3/21/モナ・リザの話
3/27/再び歯医者の話
4/3/おいしいもの食べよう!
4/10/チューリップとわたし
4/17/芽吹きの頃
4/24/(シリーズ 男模様女模様)潔癖症
5/1/(シリーズ 男模様女模様)潔癖症 2
5/8/(シリーズ 男模様女模様)女の愚痴
5/15/(シリーズ 男模様女模様)ある葬式
5/22/(シリーズ 男模様女模様)ある葬式 2
5/29/(シリーズ 男模様女模様)介護の現場
6/5/(シリーズ 男模様女模様)高い場所
6/12/(シリーズ 男模様女模様)男の指輪
6/26/展覧会の客 1
7/3/展覧会の客 その2
7/10/展覧会の客 その3
7/18/展覧会の客 その4
7/24/又吉直樹の本
7/31/夜の訪問者
8/7/水談義
8/21/サマーブルー
8/28/老いとの付き合い方
9/4/Shall we 俳句? その1
9/11/Shall we 俳句? その 2
9/19/Shall we 俳句? その3 感性の違い
9/25/Shall we 俳句? その4 本屋の悩み
10/2/Shall we 俳句? その5 遊びの俳句
10/10/老いては子に従え!?
10/16/シリーズ 肥満が不満 1
10/23/シリーズ 肥満が不満 2
10/30/シリーズ 肥満が不満 3
11/6/シリーズ 肥満が不満 4
11/13/お寺と教会
11/20/白い月
11/27/イアリングを失くす
12/4/今年も終わりなのだ!
12/11/中国製“多機能移動音響機器”を買う
12/25/七沢温泉に全員集合

2018/1/15/写真
1/22/万年青(おもと)
1/29/老後の生き方
2/5/アイドル犬・ゴン
2/13/向かいの家
2/19/羽生結弦選手
2/26/地下鉄
3/5/司馬遼太郎の小説
3/12/女子トーク
3/19/診察室にて
3/26/気になる人
4/2/目黒川のお花見
4/9/先生と寿司を食べたの話
4/16/ある日、聖書
4/23/老いても・・・
5/14/心象月模様
5/21/ドクダミの花
5/28/青春を返せ(F氏の戦争体験記)
6/4/恋バナ
6/18/キュウリ夫人
6/25/切り取る
8/6/人物画
8/13/台風と猛暑の展覧会
8/20/百日紅に思う
8/27/転ぶ
9/3/営業時間
9/10/友の入院
9/18/(シリーズ こんなもの買ったその1)充電式お風呂ポリッシャー
9/25(シリーズ こんなもの買ったその2)ワイドパンツ
10/1/(シリーズ こんなもの買ったその3)お持ち帰りインドカレー
10/9/(シリーズ こんなもの買ったその4)メガネクリーナー
10/15/(シリーズ こんなもの買ったその5)白の絵の具
10/22/(シリーズ こんなもの買ったその6)10円切手
10/29/(シリーズ こんなもの買ったその7)サンマ
11/5/(シリーズ こんなもの買ったその8)シュレッター
11/12/(シリーズ こんなもの買ったその9)ヘアカラー
11/19/(シリーズ こんなもの買ったその10)クリスマスカード
11/26/小菊咲く
12/3/ある写真展で
12/10/ある句友

2019/1/15/今年のモットー
1/21/ブーツを買う
1/28/通夜の月
2/12/残り物には福がある その1
2/18/残り物には福がある その2
3/4/習うより慣れよ その1
3/11/習うより慣れよ その2
5/20/(シリーズ 老いの賜物 その1)寄り添う
5/27/(シリーズ 老いの賜物 その2)カワセミ
6/3/(シリーズ 老いの賜物 その3)タンポポの知恵
6/10/(シリーズ 老いの賜物 その4)花のメッセージ
6/24/(シリーズ 老いの賜物 その5)親とは
7/1/(シリーズ 老いの賜物 その6)『一切なりゆき』を読んで
7/8/(シリーズ 老いの賜物 その7)歳を経てわかるもの
7/16/(シリーズ 老いの賜物 その8)民主主義があぶない?
7/22/(シリーズ 老いの賜物 その9)漢字と絵文字
7/29/(シリーズ 老いの賜物 その10)人の寿命
8/5/家事をするが勝ち!
9/2/おつかれさま
9/9/『滄海』という言葉
9/17/しぼむ
9/30/時代の空気感
10/7/漆器と仲良し
10/21/ワクワクのちガックリ
10/28/漢字の凄さ
11/5/漢字の凄さ その2

2020/6/8/シリーズ 一人暮らしになった(1)夫との永遠の別れ
6/15/シリーズ 一人暮らしになった(2)一人の夜
6/22/シリーズ 一人暮らしになった(3)喪中があけるまで
6/29/シリーズ 一人暮らしになった(4)葬式に寄せる思い
7/6/シリーズ 一人暮らしになった(5)ひとりぼっち
7/20/シリーズ 一人暮らしになった(6)コロナ騒ぎ
7/27/シリーズ 一人暮らしになった(7)ミニトマトと濃厚接触
8/3/シリーズ 一人暮らしになった(8)孤食の演出
8/17/シリーズ WITHコロナの日々 (1)価値観が変わる
8/24/シリーズ WITHコロナの日々 (2)マスクあれこれ
8/31/シリーズ WITHコロナの日々 (3)和菓子屋の嘆き
9/7/シリーズ WITHコロナの日々 (4)悲観派と楽観派
9/14/シリーズ WITHコロナの日々 (5)「悲観派、楽観派」の続き
9/28/再びミニトマト
10/5/十五夜
10/12/彼岸花
10/19/金木犀
10/26/新横浜にて
11/2/コオロギ:コメント1
11/16/GO TO 銀座
11/24/ヒョウ柄を着たとき
11/30/歌は世につれ・・・
12/14/なぁ〜んだ
12/21/パソコンの教えパソコンの教え
12/28/パソコンの教え

2021/1/12/シリーズ 散歩日和 1 丘の上
1/18/シリーズ 散歩日和 2 冬の殺意
1/25/シリーズ 散歩日和3 ジジ友
2/1/シリーズ 散歩日和 4 世相を映すウォールアート
2/8/シリーズ 散歩日和 5 マスクのせいで・・・
2/15/シリーズ 散歩日和 6 伊勢山皇太神宮参拝
2/22/シリーズ 散歩日和 7 心は外へ
3/1/シリーズ 散歩日和 8 水仙
3/8/シリーズ 散歩日和 9 木の芽どき
3/15/シリーズ 散歩日和 10 辛夷咲く頃
3/22/シリーズ 散歩日和 11 路地裏の魅力
3/29/シリーズ 散歩日和 12 桜咲く頃
4/5/シリーズ 散歩日和 只今散歩中断
4/19/懐かしの『木冬社』
4/26/お墓参り
5/3/月々に月見る月は・・・


目次

思いつくまま、気の向くまま

映画だ〜い好き

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

愛しき人よ

よよいのよん

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

クボユーシロの

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ねこ絵ギャラリー

ホーム