映画だ〜い好き        文は福原まゆみ


尾形映画プロデューサーの友人が仕切る映画制作会社で働く映画好き女史が
エッセーを連載してくれてます。
映画女史、本気で犬とつき合う若者たちに共感しました。




『犬部!』


篠原哲雄監督作品『犬部!』が一般公開された。初日の舞台挨拶に行こうと思ったら、

チケットは売り切れで願い叶わず、後日YouTubeで観ることに。映画本編は試写で観

ているからいいのだけど、応援に行きたかったなぁ。


某大学獣医学部の犬好きな学生颯太が、実験犬を救ったことがきっかけとなり、一匹

でも多くの犬の命を救おうと、サークルを立ち上げる。それが犬部だ。大学を卒業す

ると、仲間たちはそれぞれの道を進み、颯太は獣医となる。16年の月日が流れ、颯太

がある問題を起こしたことにより、犬部の仲間たちが集結するが、そこに来るはずの

仲間がひとり欠けていた。動物保護センターで働くうち、殺処分を止めることができ

ず、心を病んでしまった親友だった。


実験犬、動物虐待、殺処分、犬の養子縁組など、犬を取り巻く様々な問題が描かれる。

たとえ犬を飼っていなくても人間にとって古くからの友である犬の生きる環境は、否

が応でも考えさせられる社会問題だろう。人間の、大人の都合で命を奪われる犬たち

を、一匹でも多く救おうと立ち上がる獣医学生の思いが熱い。時に社会のルールをも

超えて起こす行動は、青春ならではの爽快さ。思考停止し、ルールを変えるより従っ

て無難な生き方をする大人にはチクリと痛いかもしれない。本作は声高に社会運動を

煽るものではないが、そんなチクリが随所にちりばめられている青春映画だ。犬の映

画ではあるものの、所謂かわいいチワワみたいな犬は出てこない。そこに持って行か

れる作品ではなく、あくまでも前に進んでいこうとする若者の青春映画なのだ。篠原

監督の青春映画には清涼感がありながら、常に何かしら現代社会を見つめる視線があ

る。押し付けにならない緩い骨太さ加減がいい。そして、犬好きとして思うのは、飼

うならちゃんと看取る覚悟でいてほしいと言うこと。そうする価値があることは何度

か経験してきたので、言える。


2021年/69分/カラー/日本
監督 篠原哲雄
脚本 山田あかね
撮影 鶴崎直樹
音楽 GEN
出演 林遣都、中川大志、大原櫻子、ワンコたち






ご感想は題を「映画だ〜い好き感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


バックナンバー

2018/4/2/映画三昧
4/9/一番好きな映画は?
4/16/ぜんぶ、フィデルのせい
4/23/ニクソン三部作―本当はもっとあるけど
5/1/モントリオールの想い出
5/7/サウンド・オブ・ミュージック
5/14/映画のタイトル
5/21/恩師の思い出
5/28/劇場の閉館
6/4/天才のウソとホンキ
6/11/リチャード・ファーンズワースの遺作:コメント1
6/19/マリー・アントワネット
6/26/深田監督のトークショー
7/4/夏の映画
7/10/映画の都パリ
7/17/モダンタイムス
7/24/チェコ大好き
7/31/人形劇と映画の『三銃士』
8/7/空想映画館
8/14/iPhone映画
8/21/映写技師
8/28/夏の映画 青春篇
11/5/お熱いのがお好き
11/12/映画もヘビロテ
11/19/ボヘミアン・ラプソディ
11/26/映画のタイトル
12/3/クリスマスの降誕劇
12/10/日藝映画祭
12/17/クリスマスの映画
12/25/クリスマスのSF?映画
12/31/今年の観納め

2019/1/7/初シネ
1/15/ファミリー・ツリー
1/22/モンスターズ・インク
1/29/何をやってもいつも○○
2/5/第91回米アカデミー賞

2/12/天才作家の妻 -40年目の真実-
2/18/ビッグアイズ
2/25/新しい映画祭
3/4/日本アカデミー賞
3/11/『サッドヒルを掘り返せ』を見る前に
3/19/イーストウッド10年振りの主演作
3/25/グリーンブック
4/1/さようならアニエス・ヴァルダ
4/15/あん
4/22/バリー・クック監督
4/29/バリー・クック監督が…
5/13/映画祭運営
5/21/西鶴一代女
5/27/『二宮金次郎』公開前トーク
6/3/『二宮金次郎』封切り
6/10/映画の雨
6/17/『少年時代』
6/24/インターナショナルであること
7/1/私的泣く映画
7/8/『新聞記者』
7/17/母校訪問
7/22/さらば愛しきアウトロー
7/29/未だ観ぬ映画
8/5/長いお別れ
8/20/映画でひんやり
8/26/映画祭とフィルムフェスティバル
9/2/ドン・キホーテを殺した男
9/9/高畑勲展
9/17/映画と音楽の夕べ
9/24/酒豆忌
9/30/隣人のゆくえ
11/5/大林宣彦監督
11/11/表現の自由
11/18/『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
11/25/映画で食べていくこと
12/3/12月に観る映画
112/9/まだ見ぬ『アイリッシュマン』
12/18/ドキュメンタリー『馬ありて』
12/23/活動弁士よ永遠なれ!
12/30/ノーマークだった『ラスト・クリスマス』

2020/1/6/お年玉
1/14/寅さん
1/21/第第43回日本アカデミー賞
1/28/イーストウッドに乾杯!
2/4/『キャッツ』の評価はなぜ低い?
2/10/韓国映画『パラサイト 半地下の家族』4冠!
2/18/『名もなき生涯』
2/25/『1917命をかけた伝令』
3/2/時代劇の脚本
3/9/第43回日本アカデミー賞
3/16/9回目の3.11に『Fukushima 50』
3/23/もっと評価してほしい映画の話
3/30/パンデミックと言えば
4/6/オードリー・ヘプバーンの『初恋』
4/13/歌う監督
4/21/四月の雨の日
4/28/劇場再開の願い
5/5/【迷子の警察音楽隊】
5/11/映画館で観たい
5/18/コメディ『生きるべきか死ぬべきか』
5/25/短編映画『Aida』世界を回る
6/8/『るろうに剣心』
6/15/【サファイア、オスカル、イェントル、アルバート】
6/22/『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
6/29/【生誕100年の二人】
7/7/【編集のマジック】
7/13/【ホワイト・バランスの思い出】
7/20/【パブリック】
7/27/【風と共に去りぬ】
8/4/【職業病みたい】
8/11/【コロナ禍と映画祭】
8/17/【ナショナル・トレジャー】
8/24/【生涯現役プロデューサー】
8/31/映画音楽ドキュメンタリー『すばらしき映画音楽たち』
9/7/【これからの映画作り】
9/14/【これからの映画作り 2】
9/21/『ようこそ映画音響の世界へ』
10/5/【久しぶりに観客となる】
10/12/【ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン】
10/19/【カメラ選び】
10/26/【みをつくし料理帖】
11/3/第33回東京国際映画祭
11/9/【第33回東京国際映画祭 クロージング】
11/16/『鬼滅の刃 無限列車編』
11/24/Zoetrope ALL STORY
11/30/玄関ポーチ理論
12/7/ストローブ=ユイレの軌跡
12/14/実写版『ムーラン』
12/21/映画の街・調布
12/28/2020年の日本アカデミー賞

3021/1/4/【スタートは小津】
1/12/【ワンダーウーマン1984】
1/18/【ソウルフル・ワールド】
1/25/【名画座・早稲田松竹】
2/1/【映画とは】
2/8/【MINAMATA】
2/15/『花束みたいな恋をした』
2/22/【すばらしき世界】
3/1/【ヤクザと家族】
3/9/【書き文字デザイン】コメント1
3/16/【野球の映画あれこれ】
3/22/【第44回日本アカデミー賞】
3/29/【東京国際映画祭が変わる】
4/5/映画『瞽女 GOZE』コメント1
4/12/アメリカ映画『ミナリ』
4/19/【監督ランチ会】
4/26/『おばあちゃんの家』
5/3/『それでも夜は明ける』を語る会
5/10/【シネマ&ピアノ】
5/17/【チェブラーシカ】
5/24/【フィルム映画】
6/7/【映画制作資金】
6/14/【HOKUSAI】
6/21/【祇園の姉妹】
7/5/【言い訳】
7/12/【企画マーケット】
7/20/【企画マーケット2】




目次

一葉もどき

思いつくまま、気の向くまま

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

愛しき人よ

よよいのよん

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

クボユーシロの

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ねこ絵ギャラリー

ホーム