映画だ〜い好き        文は福原まゆみ


尾形映画プロデューサーの友人が仕切る映画制作会社で働く映画好き女史が
エッセーを連載してくれてます。
映画女史、好きな監督の新作を楽しみました。




『子供はわかってあげない』


『大人は判ってくれない』という映画がある。映画好きなら誰でも知っている、仏ヌー

ヴェルヴァーグのフランソワ・トリュフ―監督が撮った珠玉の一作だ。それをモジった

コメディなのか?『南極料理人』、『キツツキと雨』、『おらおらでひとりいぐも』を

撮った沖田修一監督の新作とあって、これは観に行かねばと思い、多忙な時期に自ら首

を絞めるのを覚悟の上で劇場に駆け込んだ。


水泳部に所属する女子高生の美波。絵に描いたような幸せな家族に囲まれ育ってきたが、

実は行方不明の実父がいる。アニメオタク繋がりで意気投合した同級生のもじくんと、

実父探しの冒険をすることに。あっさりと実父は見つかるのだが…。

田島列島の人気同名コミックを実写化したもの。と言ってもコミックを読まない私にと

っては馴染みのないタイトルだ。冒頭に「魔法左官少女 バッファローKOTEKO」とい

うTVアニメが出てきて本作の内容を示す。コミック、アニメ、実写の三段跳びだ。

冒頭のアニメは本筋にしっかりと絡む内容で、断絶した父子の再会という感動の場面で

ありながら、クスクス笑える。このクスクス感が沖田監督作品の一つの特徴と見た。

実の両親が離婚し、母は再婚、義理の弟がいる女子高生が実父に会いに行き…と聞くと、

まずは不良少女の心の闇の噴出か、ドロドロの家族劇かと構えてしまうだろう。ところ

がだ。美波は積極的に父親探しをしようとした訳ではなく、不思議の国のアリスよろし

くあれよあれよという間に、半分巻き込まれた感じで話が進む。本作には悪人もいなけ

れば傷つけ合う人物も出てこない。みんないい人でみんな理解がある。普通に考えると、

ドラマにならないのだ。そして本作は138分もある長尺。にもかかわらず全編通して楽

しめるのは、怪しさ、意外性、絶妙な間、気恥ずかしいほどの善良性、そして日常のあ

るあるがうまく入り混じって進むからだろう。隠し味として小さなミラクルが散りばめ

られているのがたまらない。中でもトヨエツ、いい味出していたなぁ。


『子供はわかってあげない』
2021年/138分/PG12/カラー
監督 : 沖田修一
脚本 : ふじきみつ彦、沖田修一
撮影 : 芦澤明子
美術 : 安宅紀史
音楽 : 牛尾憲輔
出演 : 上白石萌歌、細田佳央太、豊川悦司、千葉雄大、斉藤由貴、古舘寛治






ご感想は題を「映画だ〜い好き感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


バックナンバー

2018/4/2/映画三昧
4/9/一番好きな映画は?
4/16/ぜんぶ、フィデルのせい
4/23/ニクソン三部作―本当はもっとあるけど
5/1/モントリオールの想い出
5/7/サウンド・オブ・ミュージック
5/14/映画のタイトル
5/21/恩師の思い出
5/28/劇場の閉館
6/4/天才のウソとホンキ
6/11/リチャード・ファーンズワースの遺作:コメント1
6/19/マリー・アントワネット
6/26/深田監督のトークショー
7/4/夏の映画
7/10/映画の都パリ
7/17/モダンタイムス
7/24/チェコ大好き
7/31/人形劇と映画の『三銃士』
8/7/空想映画館
8/14/iPhone映画
8/21/映写技師
8/28/夏の映画 青春篇
11/5/お熱いのがお好き
11/12/映画もヘビロテ
11/19/ボヘミアン・ラプソディ
11/26/映画のタイトル
12/3/クリスマスの降誕劇
12/10/日藝映画祭
12/17/クリスマスの映画
12/25/クリスマスのSF?映画
12/31/今年の観納め

2019/1/7/初シネ
1/15/ファミリー・ツリー
1/22/モンスターズ・インク
1/29/何をやってもいつも○○
2/5/第91回米アカデミー賞

2/12/天才作家の妻 -40年目の真実-
2/18/ビッグアイズ
2/25/新しい映画祭
3/4/日本アカデミー賞
3/11/『サッドヒルを掘り返せ』を見る前に
3/19/イーストウッド10年振りの主演作
3/25/グリーンブック
4/1/さようならアニエス・ヴァルダ
4/15/あん
4/22/バリー・クック監督
4/29/バリー・クック監督が…
5/13/映画祭運営
5/21/西鶴一代女
5/27/『二宮金次郎』公開前トーク
6/3/『二宮金次郎』封切り
6/10/映画の雨
6/17/『少年時代』
6/24/インターナショナルであること
7/1/私的泣く映画
7/8/『新聞記者』
7/17/母校訪問
7/22/さらば愛しきアウトロー
7/29/未だ観ぬ映画
8/5/長いお別れ
8/20/映画でひんやり
8/26/映画祭とフィルムフェスティバル
9/2/ドン・キホーテを殺した男
9/9/高畑勲展
9/17/映画と音楽の夕べ
9/24/酒豆忌
9/30/隣人のゆくえ
11/5/大林宣彦監督
11/11/表現の自由
11/18/『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
11/25/映画で食べていくこと
12/3/12月に観る映画
112/9/まだ見ぬ『アイリッシュマン』
12/18/ドキュメンタリー『馬ありて』
12/23/活動弁士よ永遠なれ!
12/30/ノーマークだった『ラスト・クリスマス』

2020/1/6/お年玉
1/14/寅さん
1/21/第第43回日本アカデミー賞
1/28/イーストウッドに乾杯!
2/4/『キャッツ』の評価はなぜ低い?
2/10/韓国映画『パラサイト 半地下の家族』4冠!
2/18/『名もなき生涯』
2/25/『1917命をかけた伝令』
3/2/時代劇の脚本
3/9/第43回日本アカデミー賞
3/16/9回目の3.11に『Fukushima 50』
3/23/もっと評価してほしい映画の話
3/30/パンデミックと言えば
4/6/オードリー・ヘプバーンの『初恋』
4/13/歌う監督
4/21/四月の雨の日
4/28/劇場再開の願い
5/5/【迷子の警察音楽隊】
5/11/映画館で観たい
5/18/コメディ『生きるべきか死ぬべきか』
5/25/短編映画『Aida』世界を回る
6/8/『るろうに剣心』
6/15/【サファイア、オスカル、イェントル、アルバート】
6/22/『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
6/29/【生誕100年の二人】
7/7/【編集のマジック】
7/13/【ホワイト・バランスの思い出】
7/20/【パブリック】
7/27/【風と共に去りぬ】
8/4/【職業病みたい】
8/11/【コロナ禍と映画祭】
8/17/【ナショナル・トレジャー】
8/24/【生涯現役プロデューサー】
8/31/映画音楽ドキュメンタリー『すばらしき映画音楽たち』
9/7/【これからの映画作り】
9/14/【これからの映画作り 2】
9/21/『ようこそ映画音響の世界へ』
10/5/【久しぶりに観客となる】
10/12/【ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン】
10/19/【カメラ選び】
10/26/【みをつくし料理帖】
11/3/第33回東京国際映画祭
11/9/【第33回東京国際映画祭 クロージング】
11/16/『鬼滅の刃 無限列車編』
11/24/Zoetrope ALL STORY
11/30/玄関ポーチ理論
12/7/ストローブ=ユイレの軌跡
12/14/実写版『ムーラン』
12/21/映画の街・調布
12/28/2020年の日本アカデミー賞

3021/1/4/【スタートは小津】
1/12/【ワンダーウーマン1984】
1/18/【ソウルフル・ワールド】
1/25/【名画座・早稲田松竹】
2/1/【映画とは】
2/8/【MINAMATA】
2/15/『花束みたいな恋をした』
2/22/【すばらしき世界】
3/1/【ヤクザと家族】
3/9/【書き文字デザイン】コメント1
3/16/【野球の映画あれこれ】
3/22/【第44回日本アカデミー賞】
3/29/【東京国際映画祭が変わる】
4/5/映画『瞽女 GOZE』コメント1
4/12/アメリカ映画『ミナリ』
4/19/【監督ランチ会】
4/26/『おばあちゃんの家』
5/3/『それでも夜は明ける』を語る会
5/10/【シネマ&ピアノ】
5/17/【チェブラーシカ】
5/24/【フィルム映画】
6/7/【映画制作資金】
6/14/【HOKUSAI】
6/21/【祇園の姉妹】
7/5/【言い訳】
7/12/【企画マーケット】
7/20/【企画マーケット2】
7/26/『犬部!』
8/2/ドキュメンタリー『標的』
8/10/『タクシードライバー』
8/16/【映画界のグランマ・モーゼス】
8/24/『少年の君』
8/30/タルコフスキー『僕の村は戦場だった』
9/7/【映画なんてど〜でもいい友人の話】




目次

一葉もどき

思いつくまま、気の向くまま

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

愛しき人よ

よよいのよん

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

クボユーシロの

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ねこ絵ギャラリー

ホーム