映画だ〜い好き        文は福原まゆみ


尾形映画プロデューサーの友人が仕切る映画制作会社で働く映画好き女史が
エッセーを連載してくれてます。
映画女史、ライブピアノつき映画に感じ入りました。




【シネマ&ピアノ】


無声映画の時代、映画上映はライブだった。セリフや状況説明を活動弁士が語り、

楽隊が音楽を奏でる。1920年代にトーキーが主流になり始めて以降、活動弁士

は活動の場を映画以外に移し、楽団の演奏も次第に減っていった。


活弁は日本独自の文化だけど、ピアノの生伴奏はアメリカにもあって(発祥?)、

30年ぐらい前にアメリカ南部の映画館に行った時、ステージの床からせり上がっ

てくるピアノに興奮したのを思い出す。


現在、活弁士は僅か数人いるだけだ。それでも若い人たちが活弁文化を継承して

いるのは嬉しいし、ずっと絶やさないでほしいと願う。それに対してピアノの生

伴奏をする人は、と言えば…柳下美恵さん一人ではないだろうか。


この度、柳下さんの「シネマ&ピアノ」と言うライブ上映に行ってきた。今回の

上映は、カール・テオ・ドライヤー監督の珍しいコメディ『牧師の未亡人』。

90分近い即興生演奏で、しかも2週間連続だから大変だ。柳下さん、お疲れさま

でした。


舞台はスウェーデンの田舎。主人公には婚約者がいるが、現在無職のため結婚で

きない。ある日、村の教会で新任牧師を募集していた。テストを受け、前任牧師

の未亡人と結婚すれば、牧師の職を得られる。未亡人は老婆だ。すぐに死ぬだろ

うと思った主人公は、テストをパスして未亡人と結婚。婚約者を妹と偽って同居

し始めた。ところが未亡人はなかなか死なない。主人公は殺害計画を立てるが、

誤って婚約者が怪我を負ってしまった。彼女を親身になって介抱する未亡人にい

つしか心導かれ、二人は罪を悔い改めるのだった。


牧師が殺人計画と言う設定はいかがなものかと思うが、最も大切な悔い改めの場

面が感動的で涙腺が緩む。柳下さんのピアノは、出しゃばることなく自然に物語

に乗ってきて、即興演奏のライブ感が絶妙。同じ映画でも繰り返し観たいと思わ

せられた。


1920年/ 80分/スウェーデン/モノクロ/サイレント
監督・脚本 カール・テオドア・ドライヤー
撮影 ゲオー・スネ―フォート
出演 ヒルドゥア・カールベルイ、エイナー・レード、グレータ・アルムロート






ご感想は題を「映画だ〜い好き感想」と書いてこちらへ(今号中か次号に掲載)


バックナンバー

2018/4/2/映画三昧
4/9/一番好きな映画は?
4/16/ぜんぶ、フィデルのせい
4/23/ニクソン三部作―本当はもっとあるけど
5/1/モントリオールの想い出
5/7/サウンド・オブ・ミュージック
5/14/映画のタイトル
5/21/恩師の思い出
5/28/劇場の閉館
6/4/天才のウソとホンキ
6/11/リチャード・ファーンズワースの遺作:コメント1
6/19/マリー・アントワネット
6/26/深田監督のトークショー
7/4/夏の映画
7/10/映画の都パリ
7/17/モダンタイムス
7/24/チェコ大好き
7/31/人形劇と映画の『三銃士』
8/7/空想映画館
8/14/iPhone映画
8/21/映写技師
8/28/夏の映画 青春篇
11/5/お熱いのがお好き
11/12/映画もヘビロテ
11/19/ボヘミアン・ラプソディ
11/26/映画のタイトル
12/3/クリスマスの降誕劇
12/10/日藝映画祭
12/17/クリスマスの映画
12/25/クリスマスのSF?映画
12/31/今年の観納め

2019/1/7/初シネ
1/15/ファミリー・ツリー
1/22/モンスターズ・インク
1/29/何をやってもいつも○○
2/5/第91回米アカデミー賞

2/12/天才作家の妻 -40年目の真実-
2/18/ビッグアイズ
2/25/新しい映画祭
3/4/日本アカデミー賞
3/11/『サッドヒルを掘り返せ』を見る前に
3/19/イーストウッド10年振りの主演作
3/25/グリーンブック
4/1/さようならアニエス・ヴァルダ
4/15/あん
4/22/バリー・クック監督
4/29/バリー・クック監督が…
5/13/映画祭運営
5/21/西鶴一代女
5/27/『二宮金次郎』公開前トーク
6/3/『二宮金次郎』封切り
6/10/映画の雨
6/17/『少年時代』
6/24/インターナショナルであること
7/1/私的泣く映画
7/8/『新聞記者』
7/17/母校訪問
7/22/さらば愛しきアウトロー
7/29/未だ観ぬ映画
8/5/長いお別れ
8/20/映画でひんやり
8/26/映画祭とフィルムフェスティバル
9/2/ドン・キホーテを殺した男
9/9/高畑勲展
9/17/映画と音楽の夕べ
9/24/酒豆忌
9/30/隣人のゆくえ
11/5/大林宣彦監督
11/11/表現の自由
11/18/『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
11/25/映画で食べていくこと
12/3/12月に観る映画
112/9/まだ見ぬ『アイリッシュマン』
12/18/ドキュメンタリー『馬ありて』
12/23/活動弁士よ永遠なれ!
12/30/ノーマークだった『ラスト・クリスマス』

2020/1/6/お年玉
1/14/寅さん
1/21/第第43回日本アカデミー賞
1/28/イーストウッドに乾杯!
2/4/『キャッツ』の評価はなぜ低い?
2/10/韓国映画『パラサイト 半地下の家族』4冠!
2/18/『名もなき生涯』
2/25/『1917命をかけた伝令』
3/2/時代劇の脚本
3/9/第43回日本アカデミー賞
3/16/9回目の3.11に『Fukushima 50』
3/23/もっと評価してほしい映画の話
3/30/パンデミックと言えば
4/6/オードリー・ヘプバーンの『初恋』
4/13/歌う監督
4/21/四月の雨の日
4/28/劇場再開の願い
5/5/【迷子の警察音楽隊】
5/11/映画館で観たい
5/18/コメディ『生きるべきか死ぬべきか』
5/25/短編映画『Aida』世界を回る
6/8/『るろうに剣心』
6/15/【サファイア、オスカル、イェントル、アルバート】
6/22/『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
6/29/【生誕100年の二人】
7/7/【編集のマジック】
7/13/【ホワイト・バランスの思い出】
7/20/【パブリック】
7/27/【風と共に去りぬ】
8/4/【職業病みたい】
8/11/【コロナ禍と映画祭】
8/17/【ナショナル・トレジャー】
8/24/【生涯現役プロデューサー】
8/31/映画音楽ドキュメンタリー『すばらしき映画音楽たち』
9/7/【これからの映画作り】
9/14/【これからの映画作り 2】
9/21/『ようこそ映画音響の世界へ』
10/5/【久しぶりに観客となる】
10/12/【ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン】
10/19/【カメラ選び】
10/26/【みをつくし料理帖】
11/3/第33回東京国際映画祭
11/9/【第33回東京国際映画祭 クロージング】
11/16/『鬼滅の刃 無限列車編』
11/24/Zoetrope ALL STORY
11/30/玄関ポーチ理論
12/7/ストローブ=ユイレの軌跡
12/14/実写版『ムーラン』
12/21/映画の街・調布
12/28/2020年の日本アカデミー賞

3021/1/4/【スタートは小津】
1/12/【ワンダーウーマン1984】
1/18/【ソウルフル・ワールド】
1/25/【名画座・早稲田松竹】
2/1/【映画とは】
2/8/【MINAMATA】
2/15/『花束みたいな恋をした』
2/22/【すばらしき世界】
3/1/【ヤクザと家族】
3/9/【書き文字デザイン】コメント1
3/16/【野球の映画あれこれ】
3/22/【第44回日本アカデミー賞】
3/29/【東京国際映画祭が変わる】
4/5/映画『瞽女 GOZE』コメント1
4/12/アメリカ映画『ミナリ』
4/19/【監督ランチ会】
4/26/『おばあちゃんの家』
5/3/『それでも夜は明ける』を語る会




目次

一葉もどき

思いつくまま、気の向くまま

サニーイズム

昨日の日記

きょうのねこさん

愛しき人よ

よよいのよん

きょうのしゅちょう

がたやま娘のひとりごと

クボユーシロの

休載シリーズ

ココアスタジオ年賀コレクション

ねこ絵ギャラリー

ホーム