1/9の日記          文は田島薫



新年早々能登で大地震近所で小非難


元旦は、いつものように起きスクワットやったりしてからヨーグルトや

バナナの朝食を取り、昼食には、屠蘇を1杯づつ飲んでから雑煮や、黒

豆、蓮とにんじんのきんぴらや卵焼きを食い、翌日更新のココ通の準備

などを事務所でやったりしてる夕方、家人が地震だ、って大騒ぎしてる

んだけど、私はあんまり気がつかなかった、って言うとあきれられた。

居間で晩飯の鍋でビール飲んだりしてると、ニュースで能登が震度7ぐ

らいで大変だったようで、輪島の朝市の地区から火が出てる。

翌日火曜、テレビの能登地震の続報といっしょに箱根駅伝を見たりしつ

つ、屠蘇と雑煮の昼食後、家人と近所の神社へお参りしてから事務所へ

行き、ココ通の原稿を書いた。

水曜、テレビの能登地震の続報といっしょに箱根駅伝を見たりしつつ、

屠蘇と雑煮の昼食後、家人と近所のスーパーへ食料の買い出しへ。

木曜午後、家人に神経症からほぼ回復した年下の友人から電話があり、

会社のずさんな帳簿処理などをボスに意見したら、陰で自分辞めさせた

がってるから、辞めようと思う、って言うんで、辞めてもいいけど、き

ちんとボスの意志を確認してからにしたら、と家人とアドバイス。

金曜午後、家人が外へ散歩に行きたい、って言うんで、じゃ、ヤマモモ

の木の手入れする保護剤や肥料を買いに、ホームセンターへ行こう、っ

てことにして、2番目の最寄り駅の向こうのそれへ向かったんだけど、

手前の川を渡るのに、少し右手の向こうに見える橋を渡るか左にあるは

ずの橋にするか迷ってから、ホームセンターは今いる場所よりかなり左

の方角のはずだからと、左にしたら、2年ほど前に来た時あったはずの

橋がなくなってたんで、はるか先の橋を回ったら、家人がぼやくぼやく。

それでも400メートルぐらい戻ったところにホームセンターはあった。

保護剤や肥料やほうきを買って、また延々と2つめの最寄り駅の方へ歩

き、コーヒー豆を買ってから、この後、100均と郵便局と坂上のスーパ

ーへも寄るつもりの家人を置いて、陽が傾きかけた中、私だけ先に家へ

帰り、ベランダに干したままの布団を入れることに。

土曜午後、庭の半分枯れたヤマモモの枝の皮がはげたところに保護剤を

塗り、根の周りを少し耕し、肥料を少量撒き裏庭から運んだ土を露出し

た根の上にかけた。

日曜午後、家人と坂下のスーパーへ食料の買い出しに、途中で以前のコ

ースでよく遭った土木会社の長老が同じスーパーへ行くとこに遭って、

あいさつ、家人などは、今年もよろしく、って言った。

買い物からふたりで帰って来ると、わが家の向かい3軒向こうの家の庭

の道路際の隅に往きに、となりの室外機に乗ってたむんに合図してから

置いておいたごはんの容器を前にそこの親子が4人立ってて、どうもそ

れを問題にしてたようで、子どもの時私と遊んだ、って言ってる親を私

はさっぱり憶えてないんだけど、自分と息子のパートナーがネコぎらい

なもんで、って。



FaceBook Twittter 諏訪観光協会


戻る