5/15の日記          文は田島薫



仕事の日々と乱暴少女の食料事情


先週火曜午後は、事務所で建築企画会社やってる友人から追加依頼が来てたモ

デルハウスの画像処理の仕上げと新たに来てたホームページのトップページの

リニューアル処理の準備をした。

水曜午後、家人が歯医者に行ってる間に私が風呂入ってると、外のベランダへ

の階段を上がって行く乱暴少女が見えたんで、窓を開けて声をかけたら、トイ

レ貸して、って言うんで、風呂出るまで待て、って言ったら、しょんじゃない

方で待てない、って言うんで腰にタオル巻いて出てって玄関開けてトイレに入

れてやった。風呂後、乱暴少女の妹たちへの不満やらのグチを聞いてやってか

ら事務所で友人の会社のホームページレイアウト。

木曜午後も午後いっぱい事務所でレイアウト作業しながら、画像の切り抜きに

ついての初歩的疑問をパソコンせんせいの友人ヤンマーにメールで聞いて丁寧

な解説を返してもらって解決をしサーバーに仮アップ。

金曜朝、友人から来てたホームページの微調整依頼の処理して再アップ。

午後、中掃除後、家人は坂上のスーパーへ私は通常のへと、近所のスーパーへ

食料の買い出しに行くのを二手に別れ、それから私が戻って来た道路から家の

方を見ると、庭から乱暴少女が出て来たとこだったんで、手をふり合って、庭

にいっしょに戻りながら、乱暴が、にゃんこに生肉をやったにゃんこは生でも

大丈夫なんだよ、って言うんで、それはどうしたやつなのか聞くと家から持っ

て来た、って言う。玄関前の自転車の下のごはん容器を見ると、ミンチ状のそ

れが口をつけられてないまま入ってて、そばにニケがいるんだけど、食わない

模様。自転車のカゴに密閉ビニール袋に入った残りの肉を取り出した乱暴に、

それは持って帰るように言うと、置いて行く、って聞かないんで、了承して家

に入ると、ブラインド閉めて居留守使ってた家人がいたんで、それを冷蔵庫に

入れながら火を通してねこさんたちにやるか、って言うと、生肉は危ないから

捨てて、の一点張りなんで反論不能と判断。

土曜は小雨模様で、午後事務所で大江健三郎の再読。

日曜午後も同様に事務所で読書してると。乱暴少女が小1の妹を連れて来て、

2人とも腹減ってるからなにか作って食わしてくれ、って言う、以前それに同

情して作って食わしてやったんだけど、どうも、先日は高いねこさんのおやつ

を買って来て勝手に食わしてたし、母親から昼飯用の金をもらってたりもして

るらしいんで、2人とも腹減ってるの?って聞くと、健康そうに小太りな妹の

方が笑いながら、減ってない、って言うし母親から金ももらってる、って言う

んで、クラッカー1袋にジャムつけたのを姉にやっただけで、家に帰って食う

か買って食えよ、って言ったら、自転車2人乗りで帰って行った。



FaceBook Twittter 諏訪観光協会


戻る