10/23の日記          文は田島薫



家人は従姉妹と従姉の家と長野へ行った


先週、ココ通更新の翌日火曜の朝、家人は博多から上京して来た同い年の

従姉妹とホテルで待ち合わせし、数年音信不通で引越したらしい都内の書

家の従姉のところへ出かけた。博多の従姉妹の方は住所を知ってるらしい

んだけど電話番号を記録し間違えたらしく連絡がとれなかったのを心配し

てたし、家人の方は十数年前に従姉と同居してた後、そこを出る時それを

反対され絶交を言い渡されてたんで、家が見つかって従姉妹が入れてもら

えても外で待つ算段だった。で、その通り進んでから間もなくおいとまし、

従姉妹とお昼を一緒してホテルで雑談して家人は日暮に帰宅、なんとか従

姉は元気なようだったけど、当人たち全員が写ってる幼い時の写真を見せ

たら、博多の従妹を可愛いと言うものの家人のはスルーされ、あまりなつ

かしさは感じないようだった、って。

翌水曜朝、家人は従姉妹のホテルに行き、いっしょに新宿から高速バスで

2人が幼い日に過ごした長野へ向かい、私は留守番。

私は事務所で友人が編集してる海外留学子女の作文集用のカットイラスト

3点仕上げ送った。日暮になったら、ねこさんたちのごはんやり、坂上の

自転車置き場のグレにやり、ワンブロック向こうの家のガレージのむんの

は食い終わるまでスクワットしながら待って容器回収。

木曜朝は6時に起き、ねこさんたちにごはんやりし、またちょっと寝てか

らいつものローテーション。

金曜は軽く昼食ってから1時ごろ上野へ向かい、アメ横で昆布と海苔を買

い上野公園の忍池を回って、石段を上り西郷像の前へ。3時に家人の兄貴

と待ち合わせて1杯飲んでから5時に予約の赤坂の店に移動して、長野から

戻る家人と従姉妹と待ち合わせて飲む計画。

西郷像でも30分以上早く着いたんで、一旦下に下りて線路際の昼飲みの店

を物色したら、しばらく外飲みしなかったし時代が変わったのか大衆居酒

屋でもビールがけっこう高い。兄貴と会ってからも、ライオンが改修中だ

ったんで、ビル内の店でビールを一杯だけ飲んで赤坂に地下鉄移動。

現地に立ち飲みもある、って聞いてたんでそれをめざして歩き回ったんだ

けどそれらしいのがなくて、飲み物オール500円、って看板の地下の店に

入ったら、客はだれもいなくて壁には2個所ぐらい大画面でモノクロ映画

が映ってて、メニューにビールが出てないんで聞くと、別料金のようだっ

たんで、店員に詫びを言って外へ。

兄貴が予約してた土佐料理店で、まず生ビールを頼んで2人で飲もうとし

た時、長野帰りの2人が来たんで、ちょっと待ってから乾杯。

家人と従姉妹が所在地おぼろげな共通の祖父の菩提寺を自分らで探し出し

た話を聞いたり、自分らの墓の始末などで話で盛り上がった(?)。

店は家人の兄貴の奢り、ってことだったし料理は丁寧に作られた逸品ぞろ

いで、全員に好評だったんだけど、貧乏性の私は、皿の中央にちょこっと

盛られた料理の値段が気になりながら高級しょうちゅうを4杯飲んだ。



FaceBook Twittter 諏訪観光協会


戻る