2/28の日記          文は田島薫



乱暴小学生と乱暴プーチン


先週も、月曜はココ通更新、火曜は家人と近所のスーパーへ食料の買い出し、と

決ったスケジュールをこなし、翌日の休日水曜は午前中箱に7コばかり残ってた

リンゴを鍋にかけてジャム作りを始めたり順調〈?〉に進んで来た日々を、乱暴

小学生低学年女子が波乱の日に変えた。朝顔を出したその子はふつうにあいさつ

するし優しさもある子なんだけど、言葉が乱暴で悪気はないのに、仲の良い幼稚

園女子に悪口言って泣かしたり、私や家人にもわざと悪態をつくし、ちょっと自

分の気にいらないことがあると怒ってる。その日も些細なことで怒ってるんでほ

っておいて、後から来た幼稚園女子やとなりの古株小学生低学年女子とバドミン

トンやってると、落ちた羽根を走って来て拾い持ち逃げし、となりの路地に隠し

たから探せなどと言う。つきあってやってみんなで探してやったりすると少し、

機嫌を直してから悪態をつくんで注意すると、スニーカーをぬいで靴下のまま土

に立ってそれを投げて来るんで、またほっといて事務所に引っ込むと、幼稚園児

ととなりの小学生も後から入って来て、乱暴女子を外に置いたままにしてると、

外から出ておいでよ、って無邪気に言うんで、変なことするからいっしょに遊ぶ

のいやだ、って言う女子ふたりの感想を伝えると、変なこと、ってところがわか

らない模様だったんで、さっきやったことだ、って教えてやってから、嫌われた

くないならそういうのはやめた方がいい、とアドバイスしてやったんだけど、当

人はただ注目してもらいたい、って考えてただけで、いたずらにみんなで反応し

てもらってると、自分も楽しいんでみんなも楽しいかもと思ってたのだ。

木曜の午後は家人の年上の友人が書を習いに来て、私は最寄り駅の銀行と100均

と線路向こうの業務用スーパーで買い物してから帰宅。3時のお茶を同席。

その日、ロシアのプーチン大統領がウクライナの軍事施設攻撃に踏み切った報道

があった。ウクライナ東部の親ロシア派の独立を承認し、そこがウクライナ政府

から攻撃を受けてる、って情報をウのみにして、じゃ、軍隊を送って叩き制圧し

てやろう、って短絡的に考えたのだ。相手の状況を考慮せずにじぶんたちの都合

だけ、国際ルール無視、力ずく行動、先述の小学生と同じなのだ。

金曜、中掃除と食料買い出しの後、プーチン大統領宛にメールを送ってやろう、

ってロシア大統領のサイトの大統領へお手紙、ってところをクリックしたら全く

反応しないんで、日本のロシア大使館へ、大統領へ伝言してくれと、身内の命を

守るためには相手の身内の命を守るのが一番なのだから、人的被害を極力抑える

ために攻撃ストップして即ウクライナと親ロシア派の処遇も含めた平和交渉をし

てくれ、日本の一般市民、○○から、とロシア語に翻訳したやつをメール。

FaceBook
その他へイラストアップ。

土曜、レッズ対ガンバ0-1で負け。一日中幼稚園女子が庭や居間で遊んで行く。

日曜、ベトナムの仏教僧ティグナットハンの再放送録画観る。6年前に観た時も

個人の心の平和が世界の平和を作る、というマインド・フルネスに共感したのだ。

一日中幼稚園女子が庭や居間で遊んで行く。夕方小学生男子2人組が庭に来てて、

私と家人が近所のスーパーへ牛乳やチーズを買い出しして帰って来ると、古株小

学生高学年女子がダンスの発表のひょう柄衣装を着てきて家人と私に見せた。



FaceBook Twittter 諏訪観光協会


戻る