2/21の日記          文は田島薫



まったりとした春隣の日常


先週火曜午後は、家人と近所のスーパーへ食料の買い出しに出かけ、毎週2回ほ

ぼ同じコースを歩いてるんだけど、だんだん道わきの家々の庭に春めいた気配や

寒さの中にも、少し暖かい陽射しを感じたりで。

晴れた水曜の午後、最寄り駅と交差する鉄道に沿ってカーブする太い道の2.5キ

ロぐらい先にある3回めのワクチン接種を予約した病院の場所を確かめつつ、そ

このさらに先にある大工センターへ家人と自転車で出かけた。最近は自転車より

も徒歩の方が運動になることもあり自転車は数カ月ぶりだったんだけど、歩きに

くらべると短時間に距離をかせげることをあらためて実感したものの、だからと

言って歩きを減らすつもりは家人にも私にもない。

木曜午後は、家人のお伴で2番目の最寄り駅へ出かけ、コーヒー豆やクラッカー

などを買い、帰りに家手前のドラッグストアで水をもらい、手作りローション用

の尿素を買った。事務所で読書しようと思ってたところにそれに誘われ、何度も

歩いてる同じ買い物コースだし、最初は渋ってたんだけど、いざ出てみると、先

述と同様、季節が春に向ってるらしい空気感が心地よかった。

金曜午後、家人と近所のスーパーへ食料の買い出し。事務所で、FaceBook その他

のじぶんのページに書き込み。

土曜午前中に少し言葉使いが乱暴な小学生低学年女子が来て、物置きから木に登

ってから、下りる位置に立てかけて足場にしてた太い枯れ枝がないから、持って

来てと、木の上で叫んだ。歯をみがきながら窓から顔を出した私は、泡だらけの

口で、ちょっと待っててと言って、みがき終わってから外へ出て、枯れ枝を立て

かけてやったらその子が、ありがとう、って言った。その後仲の良い幼稚園女子

も来ていっしょにベランダでウサギとカメの競争するコマ回しをした。事務所で

パソコンに先日スカイプのセットをしたんだけど、容量が軽くて使い勝手がいい

というズームも入れてみた。 その後、FaceBook などに書き込んだじぶんの生活

雑感がなんとも頭の悪い老人のもののような気がしてたんで反応を見てみたら、

とても好意的だった〈だからか〉。

日曜午前、カーリング女子の対イギリス戦、日本大敗の決勝を観戦。

午後、昔買ったボブ・ディラン「全詩集」中の1番長いやつと2番目に長いやつ

の訳詞を読んだ。

毎朝晩、ベランダでスクワットやる時に、朝は光を受けた木々や小鳥の飛翔、夜

は月や星や旅客機の灯などをながめるんだけど、曇空だと気持がじぶんの内に向

うのか、その日は哲学入門の本や宗教哲学的テレビ番組が心に沁みた。



FaceBook Twittter 諏訪観光協会


戻る