12/26の日記          文は田島薫



ワクチン、妹からの同居願い、クリスマスの訪問者


先週火曜午後は、予約してあった近所の病院へ家人とコロナワクチンを打っ

てもらいに行った。食料買い出しの日だったんだけど、スーパーは病院の1

ブロック隣だったんでその後、用を済ませて帰宅できた。

夕方、建築会社をやってる友人から封書が来て、ホームページに載せる文章

と紙画像が入ってたんで、とりあえずスキャニングした。

水曜朝、都内で居酒屋やってる妹から電話があり、店がずっと赤字なんで3

月で閉店し自宅アパートも引き払い、わが家に同居させほしい、って言う。

コロナで営業不振の時、いよいよ困った時はわが家へ来て同居すればいい、

などと家人が気楽に言ってたんで、私も同意してたんだけど、イメージでは

10年先ぐらいの気分だったのが、急な話なんで少し驚いて、とりあえず了承

して年末に来ることになってるんで詳しく相談しよう、ってことに。

午後は、急に不安になった家人と色々問答しながら、事務所で友人のホーム

ページのスキャニング画像の調整や文字打ちをやった。

木曜午後は前倒しの中掃除。

金曜午後は食料の買い出し、坂下のスーパーから坂上のスーパーへハシゴ。

クリスマスイヴの土曜午後は 亡くなった友人のととなまの奥さんが来る約

束になってて、友人のヤンマーも合流することになった。ヤンマーは1週間

ほど前に誘った2日後ぐらいに微熱が出て体調不良になり出席は微妙だった

んだけど、前日ぐらいに行けそう、と返事もらってたのだ。

その日は軽い昼食後、大根煮たり、チャンプルー炒めたり、ししゃも焼いた

り、とーふを用意し、生クリーム撹拌してクリスマスケーキ作ったりしとい

たんだけど、ととなま夫人には昼食軽くしておくように言っておいたのに、

ヤンマーには言い忘れてたためか、彼の会社の女性社員としゃぶしゃぶ食っ

て来た、ってことで、ビール、日本酒、ワインはけっこうたっぷり飲んだん

だけど食い物は大根煮以外ほとんど手を出さなかった。それでも、4時間ほ

ど談笑して暗くなる手前で夫人、その後ヤンマーと帰って行った。

日曜午後は、何ヶ月かぶりに小6男子と中1男子3人組が来て、居間に上がっ

てじぶんたちで座談したりふさげたり、私が買ったつもり競馬の有馬記念を

いっしょに番号予想して観たりしてる外では小学高学年女子グループがねこ

さんやブランコで遊んでて、庭の入口に自転車を4台ぐらい並べてたもんで、

タンクに半分あったけど年末年始の備えとして頼んでおいた灯油やさんが車

で来ててやっと気づいて私が出て行ったら車が入れないもんで、ホースから

の給油をあきらめてポリタンクに移して何度か往復してるとこだった。



FaceBook Twittter 諏訪観光協会


戻る