6/28の日記          文は田島薫



北海道から高級メロンが来て緊張が走った


先週月曜はココ通更新と家人のワクチン予約の日、1週前の私のそれの時、更新

しながら合間にやって繋がったのは7時間後ぐらいだったんで、覚悟しながら始

めたら、1時間ぐらいで予約できた。できれば私と同じ日にと思ってたらそれは

無理のようだった。その日午後、札幌のユーシロせんせいの兄貴から夕張メロン

が2個届いた。人になにか送るのが好きな家人が個人輸入してる英国紅茶を送っ

たののお返しらしくて、われわれはかつて兄貴に会うたんびにお土産やら、居酒

屋なんかでさんざんご馳走してもらってたんで、お返し不要、って毎度言ってる

のに困ったもんで、いや、そんなに困っちゃいないけど。

前日ぐらいの兄貴のメールで、食べごろは着いてから4〜5日後ぐらいだ、って

ことだったんで、見てみると、なるほどまだ皮が青くて茎も瑞々しい、同封のパ

ンフレットにも熟成の度合いの連続写真が入ってて、じゃ、金曜ごろが食い頃だ

な、きっと、って翌日火曜に見てみると緑が少し薄れたけど、まだだな、って、

家人は私と午後の食料の買い出し行った後も、洗濯やら掃除やら遊びに来た子ど

もたちや、ねこさんたちの世話でてんてこまい。ココ通原稿も書かなくちゃいけ

ないのに6時も過ぎ、レンタルDVDの返却日なんで、私が代りに返しに。

その翌日水曜、まだ食べごろには早いはずだけど、家人とふたりで2個は食い切

れないから、茨城行きの送り迎えにさんざん世話んなった市内のいとこんとこに

1個持ってってやろう、って見てみたら、あらっ?、写真の食べごろよりも進ん

じゃってんじゃね〜の、ってことで、すぐに1個は冷蔵庫へ、午後になって家人

と散歩がてら、いとこんとこへ持ってってすぐに冷蔵庫入れるように言った。後

で、切って食ってみたらぎりぎりセーフで、めでたしめでたし。

木曜午後は事務所で漱石の初期の地味な小説「坑夫」の残りを読了。

金曜午前は中掃除し、午後は家人と近所のスーパーへ食料の買い出しに行ってか

ら、事務所で FaceBook その他へコメント。

土曜午後は、家人が2番目の最寄り駅へ行きたい、って言うのにつきあい、レモ

ン果汁とライム果汁と家人の就寝用ソックスや茶こしなど買って帰宅後、私は土

曜ルーティーンのウェィトトレーニングして風呂、朝晩のスクワットやストレッ

チもやってたせいか、体重は1.2キロ減り、体脂肪も0.5減っててびっくり。合間

に事務所で家人のいとこが勤める 諏訪観光協会 にサクラコメント。

日曜午後は、私がレンタルDVDで借りて来てたフランステレビ制作の海のドキュ

メント「オーシャンズ」を観た。庭では小学生女子たちと小学生男子たちとのハ

チをめぐっての言い争いと謝罪と謝罪しないひとりへの抗議があった模様。



FaceBook Twittter 諏訪観光協会


戻る