5/10の日記          文は田島薫



連休明け妹は帰りブランコは作られた


先週はゴールデンウィークまっただ中だったんで、月曜のココ通更新は私だけで

もいいとも思いながら、ダメモトで原稿催促してみたら、けっきょく、シャンせ

んせい以外全員送ってくれた。

滞在中の妹は、昼間はずっと居間でクロスワードやり続けてて飽きないようだっ

たし、子どもたちは入れ代わり庭やベランダに現れ、トイレを貸りに上がり込ん

で来たりしたけど、居間での長居はさせないことにした。特にそばに来られてマ

スクしなけりゃならないのをいやがる妹には近づかないように言った。

子どもたちは、家人の許可取ってから自分たちで花壇の囲みを作ったり、バトン

をひもで吊って、危なっかしいブランコを作ったり、物置きや木に登ったりして

るのを、家人は見回っていろいろ注意を与えたりしてた。

木曜の午後に、家人の年上の友人が書を習いに来て、妹は四畳半に移動してクロ

スワードを続け、私は、3番目の最寄り駅からとなり町に引越したホームセンタ

ーへ自転車で出かけ、ねじくぎとブランコ用のロープを12メートル買って帰宅。

4人でお茶をした時も妹はクロスワードやめないんで、こっち向いてお話しない

か、って言うと、昔あるところに、って言ったんで、おばあさんが3人いました、

って言うと、友人が、おじいさんも1人いました、って。

外へ出て、家人と友人と子どもたちに監視される中、脚立に上がり、ヤマモモの

木の上部に、切ってあった太いヤマモモの枝を渡して縛り、ブランコのロープを

吊れるように用意した。

金曜午前中、迎える翌週火曜までの緊急事態宣言は延長されそうなのに、一旦帰

ると言って妹は帰って行き、家人と私は中掃除してから午後、近所のスーパーへ。

事務所で FaceBook その他にイラストアップ。

土曜午後は、家人が借りて来てたDVDでイラク攻撃を正当化する画策の機密情報

を漏らし、信念を貫いたイギリス諜報部員の女性の話を観て、そういえば、って、

われわれもイラク攻撃反対デモに参加した頃の怒りを思い出した。夕方、ブラン

コ用の板にロープを通す穴を空けたんだけど、穴が必要な大きさになるまで棒や

すり作業はまだしばらくかかりそうだし、ブランコできるまでもうちょっと待っ

て、って子どもたちに伝えた。

日曜の午後、居間でくつろいでると、庭で子どもたちがブランコがいつできるの

か、って家人に訴えてるようなんで、とりあえず、ロープの結び方をネットで確

認してから、ロープを伸ばしたりしてると、一番ブランコ待望派の女子が玄関に

入って来て手伝う、って言うんで、板の穴の棒やすりかけを頼んだら、15分ほど

で片側通った、って報告されたんで、もう片側の穴は私が空けることにして通し、

ヤマモモに渡した枝ももう1本追加してロープを結ぶとブランコは完成した。



FaceBook Twittter 諏訪観光協会


戻る