11/15の日記          文は田島薫



入稿後の修正依頼の襲来


先週の水曜、建築企画会社の友人から2週間ほど前に彼の会社のホームページに

アップしたデータを雑誌広告世話人の方に送ってくれ、とメールがあった。

印刷用に簡単なpdfデータにして送ったら、翌日それのバージョンが古いんで、

1つ上のそれに替えてくれとメールが来たんで、使い慣れてたやつのひとつ上の

バージョンのアプリで保存し直してpdfに替えてたところ、少し処理画像の色合

いが変わって色々調整しても直らないもんで、多分リーダー専用ソフトの限界の

ためだろうとそのまま送る。

翌金曜午前中は家人と中掃除し、昼食後、晴れた午後はのんびり食料買い出しに

出かけたり事務所でSNSの週一の書き込みしたりしようと思ってたところへ、

件の雑誌広告世話人から、最初のと違ってるって言うから直接雑誌社担当に電話

してくれ、ってメールが来てたんで何度か電話するも相手は出ない、その後なん

とか相手から電話があり、聞くと相手もリーダー専用ソフトで見てたようなんで、

じゃpdfをやめて普通の印刷用データに、ってことになり、複数ある画像ファイ

ルも全部調整し直さなくちゃならないことに、やっと作業終わる頃、事務所のガ

ラスをたたく者がいる、開けてみると外は暗くなってて、庭でブランコや木登り

や鬼ごっこやねこさんとずっと遊んでた子どもたちが帰ってひとり残されてた幼

稚園児が泣きべそかきながら、暗くなって怖い、って言うんで、ほんの30メート

ルぐらい向こうの家まで送って行った。空には月が出てて向こうには旅客機の灯

りが移動するのが見えるんで、ほら、きれいだね、って指差す数十秒の旅。

件のデータを送ってから今度は夜の6時ごろ家人と近所のスーパーへ食料の買い

出しに月夜の散歩。

翌土曜、日曜と、朝から近所の子どもがひとりふたりと遊びに来てはベランダか

ら顔を出すんで少し家ん中へ上げたりしたけど、コロナを理由にあまりそばへ来

ないように言ったりしたせいもあり、子どもたちわりあい静かにしてて、間もな

く外へ出て、知らぬ間に新顔も加わったり入れ代わったりで大騒ぎ。

週を通してだけど、いつも夕方5時前に、暗くなるから帰りなさい、って声かけ。

日曜はその時間まで家人と私は段ボール箱4個並べてねこさんたちの冬用キャッ

トハウス制作。オブザーバーしてた近所の姉妹に、最後は、もう帰りなさい。

ココ通更新の月曜の今朝、件のデータ、圧縮ソフトが古いんで新しいのでやり直

して送って欲しい、とのメール到着。



FaceBook Twittter 諏訪観光協会


戻る