3/1の日記          文は田島薫



コロナ禍下のたるみと天井補修と子どもたちの来襲


先週はココ通更新の翌日が祝日で、私と家人は別に平日と休日と区別する必要もない

生活をしてるんだけど、平日は平日でのんびりしつつ、なんとなく仕事をしなくちゃ、

って気分で事務所に詰めて、仕事のようなことを創っちゃやってる感じを出してて、

カレンダーの休日になると、休みだうれし〜な、って事務所に行っても休日出勤のよ

うな気分でどっかたるんでる(ふだんでもたるんでるけど)。そういうわけで(ど〜

ゆ〜わけだ)、たるんでる月曜にシャンせんせいの原稿が来た時、アップをした後、

いつもしてるお礼のメール返信をし忘れてしまった。以前にはアップしたつもりでし

忘れ、お礼返信だけしたこともあったんで、どっちがいいかはわからないんだけど。

で、ふだんなら、遅くも翌日には気がつくとこなのに(絶対とはいえないが)、もっ

とたるんだ休日だったもんで、それに気がついたのが水曜になった。

木曜の午前中、妹は都内の家と店に帰るんで、駅まで家人がついでの用もあり送って

行った。午後は、屋根の破損での雨漏りではがれた居間の天井板の部分をくっつけよ

うと、でかい脚立を下から運び上げて、万能接着剤を塗ってたら、どうも塗り効率は

悪い上に盛大に垂れてくるんで、やまと糊に替えて力ずくで押さえ付けたりしてやっ

てなんとかなりそうだ、ってところで中断、最寄り駅に振り込み行くついでに100均

に寄り万能接着剤と木工ボンドとやまと糊チューブなどを買い足して戻り、やまと糊

で中断してた部分をそれで完結させようとがんばったら、そこだけでほぼ1時間ぐら

いかかり、他の10箇所ぐらいがちっとも手付かずのまま時間切れ終了。

金曜は、中掃除に午後は食料の買い出しし、FaceBookその他にイラストアップ。

土曜の夕方、家人が風呂に入ってて、私が2階で新聞読んでると、ベランダに馴染み

の小学生男子がひとりで来て、少し退屈そうにしてたんで、サービスにアコスティッ

クギターを弾いてやってたら、上がり込んで来て地味に喜んでる風なんで、ホワイト

ストライプスやピンクフロイドやレッドツェッペリンを弾いてると、庭で遊んでた小

学生女子ふたりもちょっとベランダに上がって来てすぐに降りて行った。男子も降り

て行ったんだけど、多分みんなで庭で聞き耳たててるんだろうと、ジョージハリスン

やらビーチボーイズなんかを次々インストゥルメンタルでやってやってから、窓から

庭見てみると、とっくに子どもたちの姿はなかった。

日曜午後も庭に小学生女子ふたりが来てて、山桃の木のブランコを直したり、ツリー

ハウスを作ろうとしてるらしくノコギリやガムテープを借りに来て、夕方、それを返

さないまま帰ろうとしてるんで、急いで外へ出て、もう坂の上に上がって消えようと

してたひとりを呼び戻したら、玄関の中に返してある、って。数日前に、後片付けし

ないで道具を置きっぱなしで帰った、と家人が怒ってたし、よく見張っててくれ、っ

て頼まれてもいたんで慌てたわけなんだけど、どうも、玄関開けとくから返しておく

ように、って家人は子どもたち“だけ”に言ってたらしい。



FaceBook Twittter 諏訪観光協会


戻る