2/22の日記          文は田島薫



コロナ禍下の友人交流と子どもたちの来襲


月曜から火曜水曜は、妹が居間で韓国ドラマかクロスワードやり続けてる以外は毎週

の恒例スケジュールだったんだけど、水曜午後は、家人が美容院へ出かけ、私は何週

間か前に郵送されて来ていた売買の手引き資料などを読み込んで、その地元不動産会

社に茨城の両親の住んでいた家を売ってくれるようにとメールした。

木曜の午後は、家人の年上の友人が書を習いに来たんだけど、先々週いた妹はすでに

都内へ帰ってたはずなのにまだいるのを見て驚いたかもしれない。

居間で友人が書を習ってる間、妹は静かにずっとクロスワードに没頭してたようで、

3時過ぎにお茶の用意ができた、って言われ事務所から2階の居間へ私が移動すると、

また妹がマスクし忘れてたんで、マスク、と言ったら慌てて出してしてた。

翌金曜は、沿線に住む家人の中学時代からの友人がわが家の最寄り駅からさらに2つ

3つ先に住む娘の幼い息子が家人と会いたい、と言ってたんでいっしょにランチをす

るために最寄り駅まで出かけて行ったんだけど、ランチ後、わが家へ来てお茶にした

い、って話になった、って電話の後やって来た。

庭には小学生たちが山桃の木のまわりで遊んでる中、家人と友人とその5才ぐらいの

孫が、少しびっくり目をして入って来て、私とこんにちはを交わした。午後は家人と

食料の買い出しの予定だったんだけど、私だけが近所のスーパーに出かけて、3時過

ぎのお茶の時間までに帰って来ることになった。私が戻ると間もなく、韓国ドラマの

DVDを借りに行ってた妹も戻り、草もちや桜もちでみんなでお茶。孫はギターに興

味を持ったようで、教えた指ひとつ押さえるだけのコードでかきならしたり、チュー

ナーで順番に弦のチューニングするマネをやっていた。

夕方友人たちが帰った後、事務所でFaceBookその他にねこイラストをアップ。

土曜の朝、家人が近所のこっこちゃんところへ手作りパンを受け取りに行き、いつも

より早く帰って来て、こっこちゃんが接触した人が感染したらしいんで、念のため、

玄関だけでのやりとりになったそうだった。

午後、ノートパソコンの充電器をネット注文し、台所の水道蛇口の水もれをシーリン

グテープで補修し、庭の子どもたちが電線に引っ掛けた木片つきのヒモを取ってやり、

家人のいとこが勤める諏訪観光協会にコメントを書いた。

日曜午後は、家人と妹は3番目の最寄り駅へ買い物へ、帰りのスーパーで妹はまた本

マグロやイカなどの高級食材を買込んだらしいんだけど私は1番目の最寄り駅へ行き、

100均で頼まれたスポンジたわしとギターチューナー用電池と水道フィルターとボン

ドを買い本屋で立ち読みしてから帰って来たら、家人たちは先に帰ってた。

夕方、居間じゃ、韓国ドラマ観賞会だったんで、テレキャスターとアンプを事務所に

運び、ジミヘンのパープルヘイズのギターなどを練習した。



FaceBook Twittter 諏訪観光協会


戻る