1/4の日記          文は田島薫



慌ただしい年末年始


わが家は晦日月の26日ぐらいまで屋根工事関連の始末があって、足場とシートが外れ

てから大掃除できる日は先週の年明け前数日だけになり、ココ通の更新や、買い物、

雑用仕事などが続き、けっきょく、大掃除も、2階の窓ガラスの半分やっただけ、年

賀状は少量考えてプリントしたものの、相手もやりとりを面倒に思う年頃が多いだろ

〜、ってこともあり、来たものだけに返すことに。

大晦日は風呂の後、こたつでショチュ−飲みながら格闘技と歌番組を交互にながめた

りしてるうちに眠くなり目がさめた時にはもう年が明けてて、聴こうと思ってた村上

春樹のラジオDJ、終了30分前で、リスナーの便りとコマーシャルがほとんどの印象。

元旦は、屠蘇と具沢山オムレツに具沢山雑煮でランチ。午後、家人と散歩に出て、近

所の神社で初詣でし、駅からいつも歩いてる道以外の道を探しながら、高台のひと気

のない黄昏れの路地を歩いてると、わが家方向に夕日が沈みかかってて、同じ場所が、

なかなかの風情に見え、意外な非日常的雰囲気を家人と共感しあった。

夜は、こたつでなべでビールとショ−チュー飲みながらニューイヤーコンサート鑑賞

してるうちに眠くなった。

2日土曜は、午前中に、大量のねこの食料ちゅるちゅると、ねまきのようなものが宅

配され、続いて妹が登場、3人で屠蘇と具沢山オムレツに具沢山雑煮でランチ。

午後、3人で近所のスーパーへ食料の買い出しに。風呂に入り、夜はなべで乾杯。

3日日曜も、屠蘇と具沢山オムレツに具沢山雑煮でランチ。午後、小学生姉妹が遊び

に来て庭にある切った山桃の太い枝を組合わせて小さな小屋(?)を作ったり、ね

こさんにちゅるちゅるやったり、居間のこたつでクッキー食った。

夜は蓮のきんぴらに焼きサバと、納豆、具沢山味噌汁で、乾杯。

テレビでアニメ「天気の子」観てたんだけど、家人はすでにこたつで寝てるし、録

画してるんで、途中で別の番組に代えて観てるうちに全員が居眠り。



FaceBook Twittter 諏訪観光協会


戻る