8/3の日記          文は田島薫



コロナ下、私の不作法コミュニケーション


先週月曜のココ通更新、従来なら尾形歌人の歌更新時隔週であった宴会と、それの

月の最終週にあたる週は家人の兄貴との3人会をやってたんだけど、コロナ感染防

止のため4月5月は隔週宴会全部中止し、少し治まったかに見えた6月の末ごろ昼間

の3人会をやったところ、どうも尾形歌人飲み過ぎて倒れそうになったらしく、翌

月の宴会も同様に昼間に予定してることを伝えたところ、昼間やる場合は不参加す

る、との返信があったもんで家人の兄貴と相談したところ、やっぱり夜は帰る電車

などに不安があるんで歌人ぬきで水曜の昼から、ということに。

月曜夜更新予告したその尾形歌人からの歌の投稿メールを待ってると、推考がまだ

なんで翌日火曜に延期してくれとのメール。

火曜午後、家人と近所のスーパーへ行き、先週土用の丑が済みレギュラーの品揃え

に戻った100均の魚コーナーでたっぷり買い込んだ。

夜、尾形歌人の歌が来てるか事務所にメールチェックに行くと、近所のこっこちゃ

んの姉から、友だち3人分の愛犬のイラストを描いてくれ、って発注が来てたんで、

前回お礼に気を遣ってたみたいだし、私の方もいわば本職の仕事にいつ果てるとも

なく続きそうな要求に沿うのも気持ちわるいんで、小額のギャラを要求したら、そ

れの倍額ちょい払う、って。それじゃわるい、…こともない、って答えた。

水曜は、朝11時ごろ、長野にいる家人のいとこからとうもろこしが送られて来た。

そのいとこの諏訪観光協会にコメント書いたり、来客用の料理作ったりしてると、

正午ごろ、約束通り家人の兄貴が15年もの古酒のショーチューと高級干菓子やつま

み類を持ってやって来た。私はとうふとサケ中骨とオムレツ入りの野菜いための皿

を各自に配って、ビールで乾杯。ロング缶3本目ぐらいで、ショーチューにする、

って兄貴が言うんで、15年もの、って言えばわが家にも20年以上ほったらかしのシ

ョーチューのこと思い出し、持ってきて飲み比べてみましょう、ってせっかく持っ

てきてもらった土産の主役の場を奪うかもしれない危険を顧みず、利き酒会やった

ら、わが家の方のがコクがあるかも、なんてセリフを言わせちゃったりして、兄貴、

ショーチューをグラスに1杯飲んだ後、2杯目はもう飲み過ぎだからいい、って。

私の不手際のせいで白けちゃったのかも、って反省したんだけど、どうも、前日か

ら膝が痛み出して、それの悪化でわが家への行き帰りが心配だったのだ、ってこと

だったんで、それのストレッチのやり方を教えたら、その場で改善の模様で、3時

ごろには、コロナ電車は明るいうちに、って帰るのを、いとこにとうもろこしのお

裾分け届けるついでに駅まで送って行き、留守のいとこの家の入口にとうもろこし

の袋を引っ掛けてから帰宅。

木曜の午後は庭の伸びた雑草取りやってると、家人が裏のアパートの境のけやきた

ちの枝もアパートの方に伸びてるんで切って欲しいと、家主に言われた、って言う

んでそれは後日にしてシャワー。

金曜の朝、前日の雑草大袋4個分2回にわけてゴミ収集場へ。午後、食料買い出しに

出かける時、家人が出て来るまで少し、アパート境の枝下ろしし、残りは翌土曜の

午後に。午前中、こっこちゃんとこへ家人がいつもの手作りパンを受け取りに行き、

まだ描いてない犬イラストのギャラももらって帰って来た。


戻る