昨日の日記          文は田島薫



コロナ解禁のずるずる絶えまない出入り


先週のココ通更新翌日の火曜日、昼食の後、ずっと気になってた庭のでかい山桃の

木の上に伸びた1本の枝が枯れて葉が1枚もなくなってるやつを、4〜5メートルぐら

いの高さまで慎重に登って行って切った。他の2〜3ケ所も切るつもりだったんだ

けど、残り少ない木口保護剤を使い切っちゃってそっちはキャンセル。

家人と近所のスーパーへ食料の買い出しに行って帰って来ると、近所のこっこちゃ

んの姉から、友人4人分の愛犬の写真データが届いてた。以前彼女の愛犬の絵を頼

まれて色鉛筆で簡単なやつを描いてやったら喜んでTシャツにしたりしてたら、友

人からもリクエストあったらしく、オーケーしといたのだ。

水曜は、トイレのペーパーフォルダーの取り付け部がぐらぐらしてたのを、ペーパ

ーとボンド詰めて直したり、家人のいとこが勤める諏訪観光協会のFaceBookにコ

メントしたり、午後、家人が美容院出かけてる時、ベランダに小学生女子のひとり

が学校帰りに寄ったんで、科目について2〜3分会話して帰った後、小1時間色鉛筆

で犬を5名分描いてみたりしたら、帰って来た家人に、さすが、って誉められたん

だけど、後でもう1度描くつもり。

金曜の午後、食料の買い出しに駅の向こう側のマーケットへ行こうと、家人と坂を

上がって行くと、ベランダで寝てたはずのパネがもう追っかけて来てて、バットも

同行してるんで、稲荷神社の前の道を下って行きながらも追い返すことに失敗、家

人の仕事も残ってることもあり私ひとりで行くことに。

土曜日の朝、玄関で呼び鈴が鳴った時、洗濯物かなんかいじってた家人が私に出て、

って言うもんで出てみたら、空き地をはさんだ隣の家のいつも眉間に縦じわたてた

奥さんが、なにやらでかい植物を引きずって立ってた。庭の花を掘って持って来た

からどっかに植えてくれ、って言うんだけど、こっちの都合も聞かずにどうも3メ

ートルぐらい伸びてでかい花が咲く、ってやつを植えろ、ってのは乱暴な話だし、

でかい花は好きじゃないから、いらないんでとっとと持って帰ってくれ、って言っ

てみようかと一瞬思ったんだけど、少し汗かいて手などに泥くっつけて感謝される

ことを信じてるらしい表情見て、じゃ〜せっかくだからもらっときましょ〜か、で

かい花よりわが家は小さい花の方が好きなんで、そ〜だな〜、表に植えるのはなん

だし、そ〜だ、裏のねこさんの墓んとこに植えることにします、って私が言ったら、

え?って聞き返されたんで、裏のねこさんの墓んとこへ植えます、って少し大きな

声で言ったら、奥さん、フに落ちない表情で帰って行った。

土曜の午後は、家人が友人に紅茶やクッキーを郵送するんで3番目の最寄り駅の郵

便局へつきあってくれ、って言うんで、相当分の切手持ってお伴。

日曜の昼ごろ約束通り沿線に住む家人の中学時代の友人が、ドイツ赴任から帰国し

て別方向の沿線に住居構えた娘家族のところへ行くついでに遊びに来たんで、具沢

山スパゲッティオムレツつき、一口飲む、って言うんでビールで乾杯。

午後、孫のお気に入りゼリーを買いに家人と友人、最寄り駅の店へ出かけてる間に

前日に続いて遊びに来た小学生男子2人組が、頻繁に呼び鈴押しちゃ、スコップ貸

してガムテ−プ貸して虫入れる入れ物ないか、などにつきあってる間に家人に2本

づつの電話とメールが入り、私が出た。声が聞こえる気がしてたのに、大分経って

から帰って来た家人と友人、縦じわ奥さんにつかまって、私への苦情を聞かされて

たそうだったけど、謝りながら家人と友人は大笑いしてたらしい。

妹家族のところへ移動は夕方遅くでいいらしい友人、3番目の最寄り駅から行くん

で家人に同行希望してるらしいんで、その前に夕方に電話約束の別の友人に電話し

といた方がいいんじゃね〜の、って言うと、かけたら話し中。すぐかかって来て話

し込んで30分も友人ほっとくもんで、私がギター弾いてやったりして、結局、続き

は明日に、ってことにして、3人で出て、ねこさん抑えるんで私は残った。


戻る