昨日の日記          文は田島薫



緊急事態宣言段階的解除だとかなんだとか聞きながら


先週ココ通更新の翌日の火曜の午後、食料の買い出しに家人と2日後に帰る妹と3人

で、近所のスーパーへ行くついでに、レジ袋とトングを2本持って行き、途中の道

路に落ちてる紙くずやプラを拾って歩き使い捨てマスクもふつうに拾った。何週間

か前のメジャ−新聞に、マスクが落ちてるのを見たら自分で拾わず自治体に連絡し

て拾いに来てもらえ、などと感染恐怖の過剰反応を真面目に記載してるのを見て、

こういった事態になると、いわばインテリ層からして理性的判断ができなくなるの

がけっこういるようだから、営業自粛要請に応じずに営業してる飲食店などを見つ

けると、その店がいくら自主基準で気をつけて営業してても、徹底的非難したり警

察に知らせたりする庶民が大勢いるのも当然かもな、って思った。けっきょくわが

国には、その教育システムのせいか、政府などが何か言った言葉をそのまま正義に

感じてしまう、といった傾向の人も多い、ってことなんだろう。

火曜だったか水曜だったかの午後、私が事務所にいる間、家人と妹が前の週にレン

タルで借りて来てたDVDで、死んだと思われた男がねこの体に入ってた、って映画

を観てて、晩飯ん時には、失業した男たちがストリップショーをやって成功する、

ってイギリス映画「フルモンティ」を3人で観た。これは家人のツボらしく、私も

これを観せられるのは3度目ぐらいなんだけど、毎回家人、大笑いしてる。

木曜のブランチを3人で食った後、妹を家人と駅まで送り、銀行で振り込みしてか

ら、2番目の最寄り駅まで2人で歩き、パルコに入ろうとしらら、まだ閉店中で、地

下のスーパーと薬局ぐらいしか開いてなかったんで、駅ビルのいつものパン屋でパ

ンを買っただけで帰宅。

金曜の午後だったか、私がツイッターで見つけた「ロバとの再会」の動画を家人に

見せたら、すごく、気に入って、みんなに教えてあげよう、って、メイや友人数人

にメールしたんだけど、素直に「泣けた」って返事してきたのはととなまの奥さん

ぐらい、後は、「あのロバは泣いてんじゃなくて怒ってんだ」ってものや「動画が

苦手で」、つってハナから見ないつもりのや、無反応や、で一筋縄でいかない。

家にひきこもってると、だれもが知らずにナーバスになっちゃって妙に真面目に考

え込んじゃう事態になってるのかも、そういう私自身も、ツイターで軽い冗談を書

き込んだ後、ひょっとすっと友人、不愉快に感じたかも、ってフォローしたり。

土曜の恒例、家人が近所のこっこちゃんちへ行った時、はぎれ屋さんを紹介しても

ったんで日曜の午後に、そこへいっしょに行こう、って言うのにつきあった。

布を買ったらこっこちゃんがシンプルな服に仕立ててくれる約束らしく、手書きの

地図をたよりに4〜50分歩いた競馬場の向こう側にある店で、間口半間の靴をぬい

で上がる質素な作りの店内はぎっしり布の束などが積み上がったのがうなぎの寝床

的に10メートル以上奥まで続いてて、間口で年輩女性が3人姦しく話し合ってて、

その中の1人がここで50年やってる、って言う店主だった。

ふたりでこれじゃないあれじゃない、って選んでて、安いつもりがけっきょく多分

予算の倍額するブルーグレ−の麻のに決め、家人の誕生日プレゼントに。


戻る