3/9の日記          文は田島薫



仕事の直しと、あらいぐまも来た


月曜はココ通の更新で、尾形歌人の歌更新の隔週宴会の週でもあったんだけど、新

型コロナウィルス騒ぎで心配になった家人が、今週は休みにしてもらって、って言

い張るんで、休みにしてもらった。

火曜は家人と食料の買い出しにマスクをして近所のスーパーと少し先のマーケット

へ歩いて行き冷凍魚や野菜を買い、友人の建築会社の屋外広告レイアウトを調整し

て1時間余残業(?)して仕上がり見本を送る。

水曜に屋外広告の原寸データのファイル変換したりして午後に送っておくと、木曜

朝に営業担当の意見で、左右に振り分けた3点の写真をやめて分譲告知文字と検索

表示だけに替えたい、って要請ファックスが入ってたんで、それをやって午後に送

っておくと、金曜にの朝に、検索の部分を実際の感じに白窓の中に表示したい、っ

て、私もあ〜、その方がい〜な〜、って納得の妥当な要請がありそれを仕上げて午

後送るともうほぼ夕方。図書館で借りた蜷川幸雄さんの対談本が明日、返却日なん

で、事務所で1時間半ばかり読み、続きは夕食後ショ−チュ−飲みながら。

土曜の午後もいつものように、家人とマーケットとスーパーへ食料の買い出しへ、

ずっと通ってた近場のマーケットが閉店廃業しちゃったもんで、離れた2軒を歩い

て梯子して帰って来ると時間がかかるんだけど、行きに図書館に寄って本を返した

(コロナウィルス感染防止で休館だった)もんで、帰って来たら2時間経ってて、

その場運動して風呂入るともうその日は晩飯とビールでおしまい。

たいしたことやってないうちに1日が終わってしまう感じなんだけど、どっかの家

の庭なんかのぞきながら季節の変化を感じる散歩がてらの食料買い出しもけっこう

楽しいし、夕食後仮眠した後、夜中に復活してからのテレビの深夜番組やら、長時

間トイレでのラジオや新聞読みなんかもけっこう楽しい。

先週の始めごろだったかそんな夜中に、ねこさんのケンカの声が1階の玄関のあた

りから聞こえるんで、外から来たどっかのねこさんとわが家で寝てる地域ねこさん

とにらみあってんだろうと思いながら下りて行って、灯りをつけてドアをあけると、

わが家んちの地域ねこさん3人がにらんで騒いでた相手は「あらいぐま」だった。

ほんの1メートルんとこの彼と私はじっと目があったんで、ごはん欲しいんだろう

な、って一瞬思ったんだけど、あらいぐまは意外に凶暴だ、って聞いてたし、ねこ

さんたちの手前もあり、一応、こらっ、って追っ払った。

その1〜2週間前にわが家の前の道路で子どもたちがたぬきがいた、って騒いでた

んで、その時もどっかで飼われてたのが逃げ出したのかと思ったんだけど、翌日あ

らためて近所のペットショップに電話して、そういった情報を聞いてないか、って

聞いたら、聞いてない、って言うんで問い合わせあったらよしく、って切った。


戻る