12/21の日記          文は田島薫



屋根工事中にご婦人たちとお子さんたちも出入り


先週ココ通更新翌日の火曜は、朝からわが家の屋根工事のための職人が来て足場作り

を始めてた中の昼頃、沿線に住む家人の中学時代からの友人が約束通り遊びに来た。

屋根工事もあるし、火曜はわが家の食料買い出しの日でもあるんで、他の週の提案も

してたんだけど、友人の方が他日は忙しくなるらしく買い出しもつきあう、ってこと

だったんで、四川風とうふ野菜いためオムレツつきのランチの後、3人で近所のスー

パーへ行き、大量の食料手分けして持ち2時半ぐらいに戻って来ると、家を囲む足場

の外側全体が蚊屋のようなシートが覆われてて、もう足場の組み立ては終わり、もう

職人たちも帰った後のようだった。お茶も済んだ夕方、私が事務所にいると、家人が

来て、友人はだんなの夕食の用意してあって遅く帰るつもりのようだったんで、いっ

そ泊まらせちゃってもいいか、って、言うんで、いいんじゃね〜の、と。

夕方小学生女子2人組が来て、足場よじ登って喜んでるんで、はしごのある1段めま

で登ることだけを許し、違うことやるたんびにダメだししてやったら、めんどーにな

ったのか山桃の木登りとブランコの方を遊びメインに替えたようだった。

翌水曜朝、屋根工事の作業員が2人来て材料リフトの邪魔になる部分の山桃の木の枝

を少し切っていいか、って聞かれ私が許したりしてた後、友人は軽い朝食食ってから

帰って行き、朝まもなくテレビが映らなくなったんで、いつ見れるようになるか作業

員に聞くと、わが家は地デジをアナログアンテナで受信してたもんで、廃棄と判断さ

れたようで、ケーブルを切断しちゃった、って。で、翌日の夕方電気屋を呼ぶ、って

言うんで、費用出すんでついでにデジタルアンテナに替えてくれるように頼んだ。

昼前、屋根でさかんにグァングァン、って音がするんで、見てみると、元の屋根材を

取り出して葺き替えるはずが、上からそのまま板をのせて釘を打ち込んでるんで、声

かけると、作業を中断し、本社から作業担当を呼び出して来たんで事情質問。見積時

の葺き替え条件が、最終の契約時の作業項目に元の屋根材の排出項目が抜けて、9万

ばかり安くなってたんで、聞き正した時、葺き替えをその値段でやる、って言うんで

それを注意書きで書き込んでおいたんだけど、穴の空いた部分だけ排出する、ってこ

とに勝手に替えられてしまったようで、どうやら見積もりを受け入れる条件に、追加

請求がなければ、とか、金の余裕がないんで、軒天の材料を替えれば少し安くなるか、

などとこちらが言ったんで、ぎりぎりの価格設定の中での安全策を取ったんだろうと

解釈し、最初に希望してた工事法だったんで、それでいい、と受け入れた。

水曜も木曜も夕方は子どもたちが来て、しょぼいブリキの人形なんかを家人が子ども

に飾らせた山桃の木の回りや、時々こっそり足場に登ったりして遊んだ。

木曜の午後は、家人の年上の友人が2週続きの書を習いに来ていっしょにお茶を飲み、

夕方は暗くなってから電気屋が来て作業員と話しながら1時間以上接続作業。

金曜の朝、樋の色を聞かれ、黒っぽいのでいい、っていい加減に応えたら、大げさに

賛同されたんだけど、後で考え直して、軒天の見本といっしょに到着した黒い樋を茶

に取り替えに出直して来てもらった。家人が前日に続き、作業員にコーヒーやお茶や

クッキーなどを出した。樋の工事までは終わり、軒天工事は材料の関係で次週に。

金曜、FaceBookにねこ絵アップ、土曜、諏訪観光協会にてきとーなコメント。

日曜の午後は、家人と3番目の最寄り駅まで行き、パンやレモン果汁とコーヒーやク

ラッカーを買い、干したふとんを取り込むため私が先に帰り、家人は敷き布団カバー

などを買って後から帰宅。



FaceBook Twittter 諏訪観光協会


戻る