昨日の日記          文は田島薫



夜宴会慎重に再開と友人と墓参と福島行きドライブ


尾形歌人と家人の兄貴との月末宴会を昼間に再開し2〜3度やったんだけど、そろ

そろ夜でいいんじゃないか、って歌人の意見をいれ、先週は水曜夕刻からにした。

5時ごろ、酒と焼酎と菓子などいっぱい持って兄貴が来て、家人が少し前に博多

に住むいとこから送られた昔の親族写真を居間でいっしょに見て昔話。

6時ごろ歌人が来て事務所に移動し始まりだけ家人も参加し乾杯。

十五夜の木曜はベランダにシートを敷いて月見をしよう、などと言い合ってたん

だけど、けっきょく不精をして、ガラス戸を開け、家人とふたりで開け口側を頭

に仰向けに寝そべって月を眺めた。少しするとニケがじゃましに来た。

金曜の午後は家人と近所のスーパーで食料の買い出し、事務所でFaceBookにど

うでもいいようなことを書いた。夜、ととなまの奥さんから、明日ととなまの親

の墓参り同行するか、ってメールがあったんで、する、って返信。以前からとと

なまがわが家へ寄る前に辿ったコースへ誘ってくれ、って言っておいたのだ。

昼前に野田にある駅で待ち合わせし、それぞれ持参した昼食を、駅前のベンチで

食った。われわれは持参した野菜ジュースとゆで卵とコンビニで買ったにぎりめ

しとサンドイッチ、奥さんはわれわれの分まで手作りサンドイッチを用意してく

れてたんだけど、家人はそれを食い、私はマヨネーズ入りと見かけが同じそれを

食う気になれなかったんで、きっぱりいらない、って返品した。翌日、奥さんも

知ってる福島の友人の画家んところへ、建築会社やってる共通の友人の車で家人

と同行することになってたんで、奥さんもそのまま帰りにわが家に泊れば一緒に

行けるんじゃないか、って思い唐突に誘ってみたら、なにかの修理で約束があっ

たらしく少し残念そうだった。私も当初誘いを断ったし、遠いから大変、って決

めつけないでもっと前もって誘った方がよかったのかもしれないと思った。

駅そばにある寺の墓をたわしなどで3人で洗い、線香上げて拝んでから、駅から

2つめのでかい清水公園へ行き、ボードウォークを下って、家族ずれなどがアス

レチック遊技してる池のほとりのでかい藤棚の下のベンチで雑談してから、帰路

わが家の3番目の最寄り駅をまわって別れた頃には夕方5時をまわっていた。

翌日曜の7時過ぎに友人が迎えに来て、ちょっとわが家の屋根修理について話し

てから出発し、高速でいわきに11時前に着き、画廊で画家の友人と20年ぶりぐ

いの再会。建築会社の友人も7年ぶりぐらいだと。

機知のある緻密な絵画表現の完成度がなかなかのもんだった。20分ほど雑談し、

画廊主から会員パスを3人で「借り」となりの美術館でメスキータ展をながめて

から友人と別れ、昼食の食堂を探したんだけどみつからず、高速に乗り、結局、

ドライブインで1時ごろにコロッケそばと、持参したゆで卵、野菜ジュースで昼

食し、茨城の両親のいた家にも寄ってくれる、って言うので寄り、玄関にからま

ったつたを切ったぐらいで帰路に、わが家到着は夕方6時過ぎ。



FaceBook Twittter 諏訪観光協会


戻る